大分県で1時間に110ミリの猛烈な雨に

大分県で1時間に110ミリの猛烈な雨に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/17

2017/09/17 09:22 ウェザーニュース

大分地方気象台は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。(9時現在) 佐伯市では観測史上1位の大雨となっています。

発表された場所と午前9時までの1時間雨量は以下となっています。

・佐伯市佐伯付近で約110ミリ
・佐伯市鶴見付近で約110ミリ
・佐伯市米水津付近で約110ミリ

雨の状況

No image

この後も台風の接近に伴い、次々と雨雲が通過して激しい雨が続く恐れがあります。赤や黄色に映るエコーの下では、ゴォーーッと激しい雨が降ったり、雷雨になることも。道路の冠水や河川の増水、土砂災害の発生に注意・警戒が必要です。

記録的短時間大雨情報とは?

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。
その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

一般的に、この情報はテレビのテロップで周知されます。
この情報が発表された地点は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

>>大雨避難時の注意点
>>防災情報と避難行動

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
警視庁、日本航空の女性社員に護身術の講習
【報ステ】両陛下 私的旅行で渡来人ゆかりの神社へ
21日1時2分頃 - 最大震度 2 - 震源地 和歌山県北部
更衣室で男子中学生を盗撮 都職員の男を逮捕
イージス艦事故受け 米海軍トップが議会で証言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加