NECPC、写真家向け15.6型のLAVIE VEGAなど大量モデル発表

NECPC、写真家向け15.6型のLAVIE VEGAなど大量モデル発表

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/01/22
No image

春モデルとして、9タイプ53モデルがラインナップ

NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は1月21日、個人向けパソコンの2020年春モデルの発表会を開催した。継続販売のモデルを含め、春モデルとして9タイプ53モデルをラインナップする。

2020年は攻めの姿勢で多数モデルを投入する

No image

NECパーソナルコンピュータ 執行役員 河島 良輔氏

発表会でははじめに、NECPC執行役員の河島 良輔氏が登壇。河島氏は、「Windows 7のサポート終了による買い換え需要、働き方改革や文部科学省の『GIGAスクール構想』など、国内のパソコン市場は個人、法人ともに絶好調です。買い換え需要後を見越して、攻めの姿勢で多くのモデルを投入する」と述べた。

「LAVIE VEGA」のターゲットはフォトグラファー ショートカットを登録できる5つの「プロキー」を搭載

春モデルの目玉として、クリエイター向けの15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」を発表。

No image

「LAVIE VEGA」

LAVIE VEGAは、ラスベガスで開催された「CES 2020」において、米国市場向けPCとしても発表されたモデル。2019年に発売した13.3型ノートPC「LAVIE Pro Mobile」は、ビジネスでの利用に特化したものだったが、LAVIE VEGAはフォトグラファーをターゲットとしたモデルとのこと。

ラインナップは、「LAVIE VEGA LV950/RAL」(31万3280円前後)、「LAVIE VEGA LV750/RAシリーズ」(28万280円前後)「LAVIE VEGA LV650/RAシリーズ」(22万5280円前後)の3機種。

No image

ディスプレーは、LV950/RALとLV750/RAが4K(3840×2160ドット)対応の15.6型OLED(有機EL)を採用。DCI-P3を100%カバーという広い色域を持ち、コントラスト比は100000:1を誇る。応答速度は1msで、HDR10もサポートしており、写真や動画観賞に適しているという(LV650/RAは1920×1080ドットのIPSディスプレー)。

No image

「P1~P5」のプロキーに、ショートカットキーを登録できる

LAVIE VEGA最大の特徴は、キーボードの最左列に、ショートカットキーを割り当てられる、5つのプロキーを装備する点だ。Lightroomに90、Lightroom Classicに129、PowerPointに65、Wordに101、Excelに86のショートカットを登録できる。拡大や縮小など、よく利用するショートカットキーを割り当てることで、作業効率を高められるという。

また、写真編集などに適したAdobe PhotoshopやLightroomなどを利用できる「Adobe Creative Cloudフォトプラン」を1年間利用できる、ライセンスキーが標準で付属する。

No image

アドビシステムズ マーケティングマネージャー 田中玲子氏

壇上では、アドビシステムズのマーケティングマネージャー 田中玲子氏を招いての、プロキーのデモンストレーションも実施。

No image

Lightroomを使って、「かすみ除去」や「自然な彩度」の調整をすると、曇り空の写真に空の青さがよみがえる

No image

プロキーのショートカットを使って、上記の設定を簡単に別の写真にも適用できる

田中氏は「当初は普段からショートカットキーの操作に慣れているため、プロキーは使わないと考えていた。しかし実際に使ってみると便利で、似たような写真のRAW現像の際に、適用した複数の設定をコピー&ペーストするのに都合が良い」と語り、プロキーの便利さを強調した。

LAVIE VEGAはそのほか、音声認識と連動した「スマートライト」、顔認証対応の「Windows Hello」、Wi-Fi 6(LV650/RAのぞく)などに対応する。

最上位モデルであるLV950/RALのスペックは、CPUがCore i7-9750H、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD+Optaneメモリー32GB、OSがWindows 10 Homeといった構成。インターフェースはUSB Type-C×4(うち2基がThunderbolt 3対応)、microSDカードスロットなどを装備する。バッテリー駆動時間は約10.2時間。サイズは幅359.8×奥行き243.9×高さ18.3mmで、重さは約1.9kg。

子供のPC利用を考える保護者に向けた「LAVIE First Mobile」

No image

「LAVIE First Mobile」

続いて、K12(幼稚園~高校生)向けの2in1PC「LAVIE First Mobile」を発表。ラインナップは「FM150/PAL」の1モデルで、価格は8万7780円前後。

No image

保護者が子供のPC利用を真剣に考える傾向が高まっており、それに応えるべく、LAVIE First Mobileを投入したという

これまで小中学校の教室向けPCとして提供しているモデルを、家庭向けにデザインし直したもので、文部科学省が提唱した学習者用コンピューターに求められる機能を踏まえつつ、プログラミング教育も意識したという。

10.1型のIPSディスプレーは10点マルチタッチに対応するほか、付属の静電結合方式デジタイザーペンでの入力も可能。ペンはディスプレーに収納でき、約15秒の充電で約90分利用できる。

No image

子供向けウェブサービスを登録したキッズメニューや、あんしん設定ガイドを用意するほか、「スクラッチでプログラミングをはじめよう」などの学習アプリを備えるのも特徴だ。  スペックは、CPUがCeleron N4100、メモリーが4GB、ストレージが128GB eMMCといった構成。インターフェースはUSB Type-C×1、USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力×1を装備する。バッテリー駆動時間は、本体のみで約13.8時間、キーボード装着時で約12.9時間。  サイズ/重さは、本体のみが幅262×奥行き179×高さ10.6mm/約653g、キーボード装着時が幅262×奥行き186×高さ17.2~20.2mm/1189g。

No image

「LAVIE Note Mobile」

また、大学生を主なターゲットにした12.5型ノートPC「LAVIE Note Mobile」の春モデルも発表し、「NM750/RAシリーズ」(17万5780円前後)「NM550/RAシリーズ」(15万9280円前後)「NM150/RAW」(12万780円前後)の3モデルをラインナップ。

No image

NECPCが実施したアンケートでは、約4割の大学生が板書を撮影すると回答したという

撮影した板書や講義資料の写真を、設定した時間に従って自動分類し、One Noteに講義ごとのノートを生成するオリジナルツール「LAVIEスゴ楽講義ノート」を搭載する。

上位モデルのNM750/RAの主なスペックは、CPUがCore i7-10510Y、メモリーが8GB、ストレージが512GB SSD。バッテリー駆動時間は約11時間で、インターフェースはUSB Type-C×1、USB 3.0×2、HDMI×1を装備。サイズは幅289×奥行き192×高さ18mmで、重量は約953g。

ディスプレー一体型のデスクトップや、 Android搭載タブレットなどの新モデルも発表

No image

「LAVIE Home All-in-one HA700/RA」

続けて、ディスプレー一体型のデスクトップPC「LAVIE Home All-in-one」を発表。ラインナップは、27型ディスプレーの「HA970/RAシリーズ」(26万9280円前後)「HA700/RAシリーズ」(25万2780円前後)と、23.8型ディスプレーの「HA770/RAシリーズ」(23万6280円前後)「HA370/RAシリーズ」(18万1280円前後)の4モデル。

No image

正面から見ると、ディスプレーしか見えないデザインが特徴で、27型モデルは液晶パネルを振動させて音を鳴らす「Crystal Sound Display」を搭載。また、ヤマハ製の「AudioEngine」の360度モードにより、部屋のどこにおいてもサウンドが広がるとしている。そのほか、音声で起動やテレビのチャンネル変更などができる「LAVIE AIエージェント」では、音声でのシャットダウンに新たに対応した。

解像度は全モデル1920×1080ドットで、OSはWindows 10 Homeを採用。最上位モデルのHA970/RAの主なスペックは、CPUがCore i7-10510U、メモリーが8GB、ストレージが256GB SSD+3TB HDD。インターフェースはUSB 3.1×2、USB 3.0×3、HDMI入力×1を備える。サイズは、幅615.4×奥行き186.3×高さ386.7mmで、重さは約10.7kg。

No image

「LAVIE Note Standard」

そのほか、スタンダードノートPCの「LAVIE Note Standard」、Android 9.0搭載のタブレット「LAVIE Tab E」の春モデルを発表した。

LAVIE Note Standardは新モデルとして、15.6型のフルHDディスプレーを搭載する「NS700/RAシリーズ」(20万8780円前後)、「NS600/RAシリーズ」(18万1280円前後)、「NS300/RAシリーズ」(15万3780円前後)の3モデルをラインナップ。

最上位モデルのNS700/RAは、CPUがCore i7-8565U、メモリーが8GB、ストレージが256GB SSD+1TB HDD。バッテリー駆動時間は約11.2時間で、インターフェースはUSB Type-C×1、USB 3.0×2、HDMI出力×1を装備する。サイズは、幅363×奥行き255×高さ22.9mmで、重さは約2.2kg。

No image

「LAVIE Tab E」 TE710/KAW

LAVIE Tab Eは、最新モデルとして10.1型の「TE710/KAW」(4万3780円前後)、8型の「TE708/KAS」(3万4980円前後)と「TE508/KAS」(2万6180円前後)、7型の「TE507/K」(2万1780円前後)をラインナップ。

最上位モデルのTE710/KAWは、IP53に準拠する防塵/防滴性能を備え、フルセグチューナー搭載でTVも視聴可能なほか、顔認証機能も搭載する。主なスペックは、SoCがSnapdragon 450、メモリーが4GB、ストレージが約64GBといった構成。カメラはアウト/インともに約800万画素で、Bluetooth 4.2に対応する。ウェブサイト閲覧時のバッテリー駆動時間は約13時間。サイズは幅242.1×奥行き167×高さ8.1mmで、重さは約520g。

■関連サイト

NECパーソナルコンピュータ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネットギア、約1.5万円のエントリー向けWi-Fi 6対応ルータ「RAX20」
今のChromeで満足してる?快適・便利になるChromeおすすめ拡張機能11選
耳をふさがず疲れにくい骨伝導ワイヤレスイヤホン ドン・キホーテ
ミサイルのように飛びながらターゲットを攻撃する「空飛ぶ銃」の開発をDARPAが検討している
クラウドファンディングのプロジェクト第2弾、ホワイトノイズスピーカー「Qualitell」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加