フィアット 500X、国内導入1周年記念の限定モデル2種を発売

フィアット 500X、国内導入1周年記念の限定モデル2種を発売

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

FCAジャパンは、フィアット初の小型SUV『500X』の国内導入1周年を記念し、同モデル初の限定車「500X ブラックタイ」および「500X イエロークロス」を計240台、10月29日より販売開始する。

500X ブラックタイは、500Xで最も人気のある2WDグレード「ポップスタープラス」をベースとし、ボディに限定のブラックカラー、インテリアには500Xで初めてレザー(ブラック)を採用。また特別装備として、フィアットで初めてアダプティブクルーズコントロールを設定すると同時に17インチのブラックホイール、および「BeatsAudioプレミアムサウンドシステムスピーカー」を装備する。

500X イエロークロスは、4WDグレードの「クロスプラス」をベースに、ボディに限定のイエローカラー、インテリアにはレザー(ブラウン)を採用。また、ブラックタイ同様に特別装備としてアダプティブクルーズコントロール、および専用デザインの18インチのホイールを設定する。

両モデルに装備されるアダプティブクルーズコントロールは、レーダーセンサーにより前方車両を認識し、車間距離に応じて自動的に走行速度を調整。車間距離が詰まった場合は減速し、十分な距離が空いた場合は設定した速度まで再加速する。また、時速30km以下になると自動的に解除され、ブレーキを踏むよう警告音でドライバーに注意喚起する。

価格はブラックタイ(限定100台)が315万3600円、イエロークロス(同140台)が349万9200円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人類はどのようにして人口72億人に増えていったのか?10万年前から現在までの人口増加がわかる世界地図シミュレーション映像
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加