サガン鳥栖・田川が今季J1号宣言 アマゾンで職業体験

サガン鳥栖・田川が今季J1号宣言 アマゾンで職業体験

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/02/15

J1サガン鳥栖のU-21(21歳以下)日本代表FW田川亨介(19)とリオデジャネイロ五輪日本代表MF原川力(24)が14日、佐賀県鳥栖市の物流センター「アマゾン鳥栖フルフィルメントセンター」で「職業体験プログラム」に参加した。

同センターが鳥栖のクラブハウスと近く、ともに地域貢献に力を入れている縁で交流が実現。両選手はインターネット通販のアマゾンで注文された商品が素早く梱包(こんぽう)、出荷される様子を見て学び、見本を使って体験した。

田川は「スピード重視の面は僕に通じる。僕もスピードに乗ったドリブルで運び、(23日の)開幕戦で(今季Jリーグの)ファーストゴールを決めたい」と決意。原川は「周りに気を配って作業するなど、サッカー選手として必要な要素がたくさん入っていた。吸収しながら成長したい」と誓った。 (末継智章)

=2018/02/15付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次なる一手はお風呂!? Jリーグの“常勝軍団”鹿島が仕掛ける「スタジアムビジネス」
C大阪清武が負傷し全治6週間 W杯代表復帰厳しく
C大阪・清武、全治6週間のケガ 来月の遠征参加も絶望的に...
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
“駆け込み移籍”も!? JFAが最新「移籍リスト」発表! 29選手の去就がいまだ不透明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加