「負ける気はしなかった」東海大熊本星翔が後半の猛反撃で逆転!選手権初出場に王手:熊本

「負ける気はしなかった」東海大熊本星翔が後半の猛反撃で逆転!選手権初出場に王手:熊本

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12
No image

[11.12 選手権熊本県予選準決勝 東海大熊本星翔高 4-2 秀岳館高 熊本県陸]

第96回全国高校サッカー選手権熊本県予選は12日に準決勝2試合を行い、第1試合は東海大熊本星翔高が4-2の逆転で秀岳館高を下して決勝進出を決めた。東海大星翔は、夏のインターハイ(全国高校総体)で県大会を優勝。夏冬連続の全国大会出場、選手権初出場にあと一歩と迫った。

試合の立ち上がりは秀岳館のペースだった。開始6分、右CKをボランチの倉岡大輝(3年)がヘディングで押し込んで先制。さらに、2年生MF佐藤快信がFWやサイドMFの近くでプレーし、攻撃を組み立てて攻勢に出ると、21分には左DF蓑田一真(3年)が得意の左足で直接FKを鮮やかに決めて追加点を奪った。蓑田は1ゴール1アシスト。左足のキックは素晴らしかった。

しかし、秀岳館が優勢だったのは、ここまでだった。2点を失って目が覚めた東海大星翔が次第に試合のペースを手繰り寄せていった。序盤は、MF末永幹(2年)が中盤でサイドチェンジの舵取りをしたが、サイドが孤立して単独突破頼みで機能しなかった。

ただ、東海大星翔は2点を失うと、シャドーストライカーの位置に入っていたレフティーのMF花田駿(3年)が「序盤からサイドを起点に崩そうと思っていたけど、うまくつながらなかった。とにかくパスを出したら動いて、相手を崩したいと思った」と精力的に動き、短いドリブルとパスで両サイドをつないで攻撃を活性化。前半25分にMF吉岡涼斗(2年)が蹴ったFKを「相手はゾーンディフェンス。ファーまで抜ければ(マークは)空くと思っていた」というDF中村豪(3年)がファーサイドで合わせて1点を返し、逆襲ムードを強めた。

後半は東海大星翔が一方的に攻めた。サイドに起点を作って何本もクロスを供給。20分、花田が放った直接FKはGKに弾かれたが、そこで得たCKから波状攻撃につなげ、こぼれ球を拾った左DF國岡秀隆(2年)のクロスをFW一怜哉(3年)がスライディングシュートで押し込んで同点とした。

東海大星翔は攻め手を休めず、後半26分には中村のクロスから左MF中川大暉(3年)がヘディングで合わせて逆転。さらに試合終盤にPKを獲得した一怜哉が自らキックを決め、ダメ押しの4点目を奪って勝負を決定付けた。

終わってみれば4-2。後半は相手のシュートを1本に抑える強さを見せつけた。反撃の狼煙となる1点目を決めた主将の中村は「ボールを支配していたし、正直、負ける気はしませんでした。僕たちは、いつも立ち上がりが課題で、逆転が多いです。リーグ戦でも3失点して逆転した試合があります。でも、先に失点をするようだと次の決勝戦は厳しくなると思うので気をつけたいです」と、次戦に向けた修正のイメージを話した。

東海大星翔は、19日にえがお健康スタジアムで行われる決勝戦で大津高と対戦する。

(取材・文 平野貴也)●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンブルガー酒井高徳、古巣新潟J2降格に「残念」
【新潟】J2降格が決まったのになぜ?小泉慶も「普通じゃ考えられない」サポーターの反応
徳島、ロドリゲス監督の続投を発表。今季は最終節でプレーオフ逃す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加