ヤンキース田中 右肩炎症で故障者リスト入り

ヤンキース田中 右肩炎症で故障者リスト入り

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

ヤンキースは12日(日本時間13日未明)、田中将大投手(28)が右肩の炎症のため10日間の故障者リスト(DL)入りしたと発表した。故障の程度は現時点では不明。

No image

9日のブルージェイズ戦に先発し、5回途中で降板したヤンキース田中(AP)

田中はメジャー1年目となった14年には右肘を痛め長期離脱。翌15年も4月に右前腕部の張りでDL入りしており、今回が3度目のDL入り。今季は開幕からローテーションを守ったが、23試合で8勝10敗、防御率4・92だった。9日のブルージェイズ戦では4回0/3を2安打3失点で88球で降板していた。

ヤ軍はサバシア、ピネダもDL入りしており、開幕ローテから先発3投手が離脱する苦しい状況となった。

▼田中 痛みはない。いつも感じる疲れにプラスアルファという感じ。ベストの状態でマウンドに上がるのは難しいと思った。具体的な(復帰の)プランはまだ。自分の中では長くチームを離れるとは思っていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチ“初体験”野手攻略!72キロ超スロー球を「下がり打ち」
イチローが米メディアに明かす背番号51秘話、変更の可能性と今抱く愛着
ダル 耐えた6回2K3失点 腰の張り...「ごまかしながら」
メッツ 22度も守備交代 2人負傷で控え捕手が代役出場
なぜそこにいる? 東海大菅生は神出鬼没の「忍者」がショートを守る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加