“自分の肝臓と話せる”Facebookチャットボットで、飲み過ぎ防止と飲酒量の管理を実現?

“自分の肝臓と話せる”Facebookチャットボットで、飲み過ぎ防止と飲酒量の管理を実現?

  • AdGang
  • 更新日:2018/01/12

Case: Meet My Liver

カナダの健康的な飲酒習慣を啓発するNPO・Let’s Drink Better Associationが、ユニークなFacebookメッセンジャーボットをリリースしました。その名も「Meet My Liver(自分の肝臓と話そう)」。

肝臓役のボットとチャットで会話をすることで、飲み過ぎを防ぐ意識を高めようというコンセプト。例えば使用シーンはこのようなものがあります。

「赤ワインを3杯飲んだ」というように、飲んだ量をボットに話しかけると「10段階中の5」というようにコンディションが返ってきます。

No image

「まだ飲んでる」と話しかけると、「水が必要です」などとアドバイスも。

No image

「一週間の飲酒レポートを教えて」と話しかけると、何をどれだけ飲んだかを絵文字で教えてくれます。

No image

飲みすぎたときには「イラストの順番を数秒で記憶して、どの順番だったかを当てる」といった酔いの程度を探るため、物事を判別できるかどうかのテストもしてくれます。

No image

さらには飲みすぎた翌朝、セルフィーを送っておくと、その日の夜には「この顔を覚えてる?」と、飲みすぎたときのしんどそうな顔を思い出させてくれます。

No image
No image

ボットは英語とフランス語対応ですが、こちらから試すことが可能。はじめに体重などの基本情報をボットとやりとりしてからスタートすることになります。今年こそはお酒を控えよう、という方は試してみると面白いかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「外で出会うクソババアビンゴ」に世のママたちが大共感! 母乳か聞いてくる、赤ちゃんに勝手に触ってくるなど「あるある」すぎて首がもげそう!!
専門家に聞いた!正しい姿勢で心も身体も元気はつらつ
インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に!
北大教授が年収公開。その金額に意見まっぷたつ
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加