巨人 初回から2イニング連続で好機を生かせず...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/18

「DeNA-巨人」(17日、ハードオフエコスタジアム新潟)

巨人は一回、先頭の坂本勇が左前打で出塁。2番の吉川尚は2球目に送りバントを試みたが、上げてしまい捕飛となった。1死一塁から、ゲレーロは遊飛。マギーも二飛に倒れて無得点に終わった。

二回も好機を迎えた。先頭の岡本が3ボール1ストライクから、高め直球を仕留めて左中間二塁打。だが、亀井が簡単に打ち上げてしまい、浅い右飛。中井はフェンス間際まで打球を飛ばしたが、俊足神里の守備範囲で中飛。小林が申告敬遠で歩いた後、2死一、三塁から山口俊が初球を打ち一ゴロに倒れた。

チームは借金5で最下位に低迷しており、この試合前まで9試合連続で先取点を献上中。先制して優位に試合を進めたいが、初回から2イニング連続で好機を生かせなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『大谷翔平』日米で女性人気に火が付いた!可愛い、母性本能が刺激される・・・
【MLB】大谷翔平の意外な能力 プホルスが証言「英語よりもスペイン語を理解」
初本塁打・大谷のサイレントトリートメント洗礼に「かわいい」の嵐
エースで4番、大谷二刀流に憧れる米キッズ増殖中
“世界一”アストロズは大谷翔平を日ハム時代映像まで使い丸裸にしていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加