バルサ、“ブラジルのイニエスタ”と個人合意報道 グレミオは移籍金39億円を要求か

バルサ、“ブラジルのイニエスタ”と個人合意報道 グレミオは移籍金39億円を要求か

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/02/15
No image

アルトゥールと19年1月の加入で合意 今後は所有権を持つグレミオ&投資家と交渉へ

バルセロナはブラジル名門グレミオの天才MFアルトゥールを2019年1月に獲得することで個人合意に達したという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

21歳のアルトゥールはバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに例えられるゲームメーカーで、すでにブラジル代表にも招集されている。昨年のコパ・リベルタドーレスで大会MVPに輝き、チームをFIFAクラブワールドカップ出場に導いたが、12月にUAEで行われた大会は故障で欠場していた。

今冬の移籍市場でリバプールからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、サントスからコロンビア代表DFジェリー・ミナの獲得に成功したバルサは、今回アルトゥールと来年1月の移籍で個人合意に達したという。

保有権の60パーセントはグレミオ、20パーセントは本人、残りの20パーセントは投資家が分割して所持。今後バルサはグレミオ、投資家との交渉を進めることになり、グレミオは移籍金3000万ユーロ(約39億円)を要求している模様。EU外外国籍枠がコウチーニョ、ミナ、MFパウリーニョと3枠埋まっている点については、19年の加入までに整備する方針だとレポートされている。

今季リーグ戦首位を独走しているバルサ。1年後にアルトゥールが加入すればさらに陣容は強力になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いちごで当たり!目が離せない「もぐもぐタイム」
櫻井翔、フィギュア銀の宇野選手の本音を引き出すインタビューに称賛の声
同僚批判の韓国スケーターが涙の謝罪、国民は「国辱」と怒り
【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加