ハーレー2018年モデル──新生ソフテイルに刮目せよ

ハーレー2018年モデル──新生ソフテイルに刮目せよ

  • editeur
  • 更新日:2017/11/12
No image

2017年8月、ハーレーダビッドソンの2018年全33モデルが発表された。なかでも、ファンを驚かせたのは、ツインショックの「ダイナ」ファミリーをフルモデルチェンジしてフレームとエンジンを一新、モノショックの「ソフテイル(SOFTAIL)」ファミリーに一本化したことだ。ハーレーダビッドソンにとって歴史的変革となるに違いない、新生ソフテイルの詳細を紹介しよう。

画像を見る

多くのハーレーファンを驚かせた「ダイナ」ファミリーの「ソフテイル」への統合

ハーレーダビッドソンのファミリーのなかでも高い人気を誇り、ビッグツイン系を代表するファミリーだった「ダイナ」のフルモデルチェンジ、そして「ソフテイル(SOFTAIL)」シリーズへの統合は、耳の早いハーレーユーザーにとっては承知のことだったが、多くのファンは衝撃を受けたことだろう。

もちろん、メーカーもそういった反応があるのは折り込み済みだ。それでも統合したのは、生産や経営上の問題もあるだろうが、もっとも大きいのは新エンジンを生かしたフレームとのマッチングを考えた合理的判断だったに違いない(ただし、ダイナシリーズの復活があり得ないとはいえないが…)。

新たに誕生した「ソフテイル」8モデルは、ひとことで言えば “スタイリッシュ&ハイパフォーマンス”をコンセプトとしたファミリーと受け取れる。

2017年秋に発表された新エンジン「ミルウォーキーエイト」は、4バルブヘッドにツインプラグ、ツインインジェクターを採用し、ピークトルクを約10%向上、バランサーの装備で一次振動の75%を相殺している。

その結果、ハーレーらしいトルク感を得ながら、快適性を飛躍的に向上させることに成功。パワーユニットは107ci(1745cc)と114ci(1868cc)の2タイプを選択でき、さらに17kgもの軽量化を実現した新設計フレームと各モデルに適したサスペンションとセッティングが選ばれていることなどは、これまでのハーレーダビッドソンとは違った新たな開発の方向性を示唆している(下の写真は『ストリートボブ』)。

カスタムへの自由度が向上した『ストリートボブ』『ファットボブ』のボブ系モデル

新生「ソフテイル」の内訳は以下のとおりだ。まず、ハーレースタンダードな印象の『HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)』、近未来を感じさせるディッシュホイールの『FAT BOY(ファットボーイ)』、クラシカルでゴージャスな『DELUXE(デラックス)』。

そして、既存モデルのイメージをそのままにした『LOW RIDER(ローライダー)』、ロー&ロングで人気車となった『BREAKOUT(ブレイクアウト)』、"The bomber" こと、前後16インチの『SOFTAIL SLIM(ソフテイルスリム)』。

さらに、新機軸として大胆な変身を遂げた『STREET BOB(ストリートボブ)』と『FAT BOB(ファットボブ)』(メイン写真と下の写真)。以上の8モデルである。

このボブ系2モデルは、十分にストリートカスタムを意識したデザインになっているだけでなく、ソフテイルフレームとなったことでカスタム化への自由度を増している。きっと“イジり屋たち”にとってはもっともおいしい存在になるはずだ。

ハーレーダビッドソンの歴史に新たな1ページを加えた新生「ソフテイル」8モデル

そのボブ系のなかでも、フロントサスに倒立フォークを採用した『ファットボブ』は異色だ。

倒立フォークは、正立フォークと比べてステアリング周辺の剛性を格段に高めることができるが、一方、それを支えるフレームに十分な剛性がないと、かえってハンドリングが不安定なものになりかねない。

いわば、『ファットボブ』は新設計のフレームの高剛性を生かしたシャープなハンドリングを持つ、“ボブスポーツ”とも呼べる位置に立ったわけだ。

さらに、専用設計の2-1-2デュアルサイドエキゾースト、スクエア型LEDヘッドライト、フォワードコントロールステップなどの装備も、そのキャラクターをアピールしている。

ほかにも、ヘッドライトのLED化とオイルクーラーを全車種に標準採用したたこともハーレーダビッドソンとしては新しい試みだ。ユーザーの反応がどうなるか慎重に見極めたいところだが、いずれにしてもハーレー史に新しい一ページが加わったのは間違いない。

車両価格は、『ヘリテイジ クラシック』が251万8000円〜、『ファットボーイ』が233万8000円〜、『デラックス』が243万8000円〜、『ソフテイルスリム』が226万8000〜。『ブレイクアウト』が245万9000円〜、『ローライダー』が199万9000円〜。そして、『ストリートボブ』は179万9000円〜、『ファットボブ』は218万8000〜。いずれも税込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?
アマゾンの競合商品販売禁止 露骨な自社優先、日本人の国民性と相いれず ネット通販シェア拡大の足かせに
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
アマゾン、競合LINEのAIスピーカー販売禁止に 理由示さず...独禁法違反の可能性
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加