ソフトバンクが、“IoT乾電池”による高齢者の「みまもりサービス」をスタート

ソフトバンクが、“IoT乾電池”による高齢者の「みまもりサービス」をスタート

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/12/10

故郷で暮らす高齢の両親を、遠くからさりげなく見守りたい――。そんな家族の気持ちに応える「みまもりサービス」を、ソフトバンクが12月19日より始める。キャリアに関係なく利用できるサービスで、基本プランは月額980円(以下、すべて税別)、ワイモバイル利用者なら月額480円だ。サービスのカギは、“IoT乾電池”にあった。

○みまもりサービスとは?

今回ソフトバンクが発表したのは、ノバルスが開発した単

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加