長洲未来、トリプルアクセル挑む理由「真央ちゃんもできて、未来ならできる」

長洲未来、トリプルアクセル挑む理由「真央ちゃんもできて、未来ならできる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12
No image

女子FSで熱演する長洲未来

「フィギュアスケート・NHK杯」(11日、大阪市中央体育館)

女子フリーが行われ、SP5位の長洲未来(24)=米国=は、冒頭で今季から取り組んでいるトリプルアクセル(3回転半)に挑戦し、軽度の回転不足となったが、その後の演技をまとめた。得点は194・46点とし、4位に入った。

演技後には24歳にして大技習得に挑む心境を語った。「高橋大輔さんのトリプルアクセル見ながら、自分でもできると思って毎日練習していた。人間はすごいギフトをもらっている。真央ちゃんもできて、未来ならできると思ってやってる」と、日本の2人に影響を受けたことを明かした。

ジャンプにキレを出すために、野菜中心、肉類少なめの食生活に切り替え、減量にも成功。「男子は2010年まで4回転を跳ぶ選手は少なかったが、今はルッツまで跳べるようになってきている。未来もまだトップ(GOE加点の成功)まではないけど、トリプルアクセルを跳べるようになればうれしい」と、完全成功に向け、意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スノボ鬼塚雅が出発「準備万端」大技をW杯で試す
本田望結ら妹もエール 真凜、平昌五輪のキップは?
三原舞依4位、白岩優奈6位 フランス杯
宇野 ジャンプの技術面を問題視「跳べる気がしなかった」
宇野昌磨 GPファイナルへ「正常に戻りたい」 2位も“異常”だった仏杯から帰国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加