秋元康氏プロデュースの「劇団4ドル50セント」の劇団員がドラマ出演決定

秋元康氏プロデュースの「劇団4ドル50セント」の劇団員がドラマ出演決定

  • JAPAN芸能カルチャー研究所
  • 更新日:2017/11/21
No image

作詞家・秋元康氏プロデュースで話題の「劇団4ドル50セント」の劇団員・立野沙紀が、初のドラマ出演を果たすことが分かった。

同劇団の女性メンバー最年長となる23歳の立野は、女優・井上真央主演のフジテレビ・関西テレビ系「明日の約束」の6話(今月21日放送)、7話(11月28日放送)、8話(12月5日放送)に出演。
望月朱里役として、過去の事件の真相を解き明かすキーマンの一人となる。

「劇団4ドル50セント」とは、今までの劇団の枠にとらわれない、演劇を中心とした総合エンタテインメント集団。
劇団員からの派生メンバーによる音楽活動やドラマ、映画、モデル、バラエティーなど多彩な個人活動を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「そんな終わり方ある?」視聴者の不満が爆発! 2017年下半期“ダメ最終回”ドラマは?
市川紗椰、1年半ぶり『タモリ倶楽部』復帰「めっちゃ楽しみにしていた」
ドクターX「衝撃ラストシーン」にネット騒然!
『刑事ゆがみ』完璧な最終回...傑作すぎて「続きは続編で」的ラストでも批判ゼロ
『ドクターX』泣き崩れる大門とアキラさんで完璧な最終回...続編めぐり米倉が意味深発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加