事務所横領被害 デヴィ夫人が初公判傍聴「盗っ人たけだけしい」

事務所横領被害 デヴィ夫人が初公判傍聴「盗っ人たけだけしい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

タレント、デヴィ夫人(77)が代表を務める芸能事務所、オフィス・デヴィ・スカルノの運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた元経理担当、辻村秀一郎被告(60)の初公判が11日、東京地裁で開かれた。

デヴィ夫人は法廷で傍聴。約10分間の裁判中、辻村被告を冷静な表情で見つめ続けた。閉廷後は取材に応じ、辻村被告について「盗っ人たけだけしい感じ。法廷で目があったけど会釈もなかった」とあきれ顔だった。

起訴状によると、2015年6〜7月に事務所名義の預金口座から計356万円、16年3月にも60万円を引き出して着服したとしている。

その一部を交際相手に送金していた辻村被告は初公判で起訴内容を認めた。これまでの調べでは被害総額は約1億7000万円に上るとみられ、事務所側は約2億7000万円と主張している。次回公判は3月12日。

No image

デヴィ夫人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
【報ステ】JR車内で女性が出産...病院に向かう途中
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
アートコーポレーション“違法残業”一日21h労働も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加