西武菊池雄星「初めて投げた」新球ツーシーム40球

西武菊池雄星「初めて投げた」新球ツーシーム40球

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

西武菊池(2018年2月2日撮影)

西武菊池が新球を試した。14日、ブルペンで118球を投げ、うち40球が「初めて投げた」というツーシーム。

フォークの精度向上に取り組んでいるが、「フォークの指を2、3本分、狭めればツーシームになる。フォークより、良いところに行きました」と手応えがあった。今季はフォークかツーシームのいずれかを使うつもりだ。登板予定の18日紅白戦で打者相手に試す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”
プロダーツ田渕亜季、芸能事務所オファー断りプロに
大谷翔平、「三刀流」?の可能性も...
2月18日(日)【 神々の子育て占い 】
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加