「西部警察」あの“伝説の14mダイブ”誌上公開

「西部警察」あの“伝説の14mダイブ”誌上公開

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

テレビ朝日系で1970〜80年代に放送された人気ドラマ「西部警察」のロケ当時の秘蔵写真を収めたムック本「西部警察 SUPER LOCATION 7仙台編」(青志社)が発売された。

第7弾は83年(昭和58年)8月25日から9月3日まで行われた仙台ロケを誌上で再現した。「みちのく大決戦!」と題して32ページの特集。石原裕次郎さんはロケ前までハワイで静養。帰国し、東京の自宅で甲子園の決勝戦をTV観戦した後に現地入り。ロケの合間には、撮影に協力してくれた約1万人のエキストラを集めた感謝祭が行われた。

今回収録されたのは、石原プロの倉庫から発見されたロケの未発表写真。最大のハイライトはスタントマンを務めた大友千秋氏が運転する車が日産サニー宮城サービス工場の屋上から“伝説の14mダイブ”を決めたこと。無事成功して200万円のボーナスをゲットした大友氏と、同じく番組を支えたスタントマンの野中義文氏が生還秘話を明かす対談もある。

価格は2300円(税抜き)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大杉漣さん急死 20日のドラマ撮影後、不調訴え病院へ
【訃報】名脇役として活躍した俳優の大杉漣さん死去
真矢ミキ、赤荻アナに「元劇団バカにしてますか?」
360度まる見えの「アイドル水泳大会」VRでどの角度からも楽しめる
深田恭子「隣の家族は青く見える」の出産シーンであり得ない描写が
  • このエントリーをはてなブックマークに追加