イスラエル代表FW、胸にボールを受け生命の危機に。救命措置で一命取り留める

イスラエル代表FW、胸にボールを受け生命の危機に。救命措置で一命取り留める

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

上と同じキャプションを入れる!

イスラエル1部のハポエル・ベア・シェバに所属するFWエルヤニフ・バルダは、練習中にサッカーボールを胸に受けたことで心停止の危機に陥ったが、適切な救命措置により一命を取り留めた。スペイン『EFE通信』が12日付で伝えている。

バルダは今月7日の練習中に強烈なボールを胸に受け、心臓への影響により生命が危うい状況に陥ったという。メディカルスタッフが人工呼吸と心臓マッサージを施したことに加え、到着した救急隊員がAED(自動体外式除細動器)による4度の電気ショックを与えたことで、心臓の動きを回復させられたとのことだ。

12日にはバルダは病院から退院することができたようだ。良好な状態ではあるが、「心臓はまだ完全には回復していない」として、「今後数週間はプレーしないことが望ましい」と医師によるコメントが伝えられている。

現在35歳のバルダはベルギーで長年プレーした経験もあり、2015/16シーズンにはイスラエルリーグの最優秀選手に選ばれるなどチームのスター選手。イスラエル代表としても37試合の出場歴がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>W杯予選敗退国を招待する「裏W杯」開催?なぜ中国は招待されないのか―中国ネット
スアレスが2ゴールと爆発!エースの復活弾でバルサが首位&無敗をキープ
ペップがレスターを警戒「手強いチーム。バーディは裏を抜ける選手だし岡崎は...」
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴...岡崎は途中出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加