今オフはコーチの移籍も多い?

今オフはコーチの移籍も多い?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

今季まで広島の打撃コーチを務めた石井琢朗コーチ

大和(阪神)、大野奨太(日本ハム)などがFA権の行使を表明すれば、大谷翔平(日本ハム)はポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明するなど、にわかに動きだしたストーブリーグ。

今オフは選手だけでなくコーチ陣も、2年ぶりに日本一に輝いたソフトバンクで投手コーチを担当していた佐藤義則コーチが楽天の投手コーチ、阪神の二軍打撃コーチ兼野手総合コーチを務めた今岡真訪コーチはロッテの二軍監督に就任するなど、他球団への移籍が多いのも特徴だ。

その中でも、球団ワーストとなる96敗を喫したヤクルトは、今季までリーグ連覇した広島で打撃コーチを務めた石井琢朗コーチ、外野守備走塁コーチを務めた河田雄祐コーチを招聘した。石井打撃コーチは広島の打撃コーチを務めた今季、リーグトップのチーム打率.273、736得点、152本塁打の強力打線を作り上げた。河田コーチも、外野守備、走塁面で支え、チーム盗塁数はリーグトップの112を記録した。最下位に沈んだヤクルトを、どのように指導し、選手を育てていくのか注目だ。

石井コーチ、河田コーチだけでなく、今季途中まで巨人の一軍投手コーチを務めた田畑一也コーチも就任。チーム防御率リーグワースト4.21に沈んだ投手陣の立て直しが期待される。

また、今季までソフトバンクの投手コーチを務めた佐藤コーチは、3年ぶりに楽天の投手コーチに復帰。中日の二軍投手コーチだった高山郁夫コーチも、3年ぶりにオリックスのユニフォームに袖を通すなど、古巣に復帰するケースも目立った。

【コーチ移籍一覧】
◆ソフトバンク
久保康生(前阪神)
松山秀明(前ロッテ)

◆楽天
高須洋介(前DeNA)
佐藤義則(前ソフトバンク)
清水雅治(前ロッテ)

◆オリックス
高山邦夫(前中日)
藤井康雄(前ソフトバンク)
米村 理(前楽天)

◆ロッテ
今岡真訪(前阪神)
的場直樹(前日本ハム)

◆DeNA
嶋村一輝(前中日)

◆ヤクルト
石井琢朗(前広島)
河田雄祐(前広島)

※11月11日時点

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
3位から日本S進出、DeNAの戦力整理 元開幕投手は引退、ドラ1が複数戦力外
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
プロ野球関係者絶句...元阪神・一二三慎太選手逮捕の衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加