息子の命をつなぐ愛用のコップ探して――Twitterでの呼びかけに同等品の寄贈続々、メーカーも反応し再生産を約束

息子の命をつなぐ愛用のコップ探して――Twitterでの呼びかけに同等品の寄贈続々、メーカーも反応し再生産を約束

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/12/01
No image

「自閉症の息子が愛用しているコップが劣化しつつある。これがだめになったら息子は飲み物を飲めなくなってしまう。同じものを探してほしい」――そんなTwitterでの呼びかけに対し、多くの情報やコップの現物が届けられたという、心温まる出来事が話題となっています。

イギリス在住のGrumpy Carerさん(@GrumpyCarer)の息子、Benくんは2歳から現在の14歳になるまで、持ち手が2つ付いた幼児向けのコップを愛用してきました。それはむしろ「依存」といえる状態で、他のコップでは飲み物が飲めないほど。愛用品が使えない状況では水を飲めず、脱水症状を起こして入院したこともあるそうです。

Benくんと愛用のコップ(画像はGrumpy Carerさんのサイトより)

両親は違うコップも使えるよう苦心しましたが、本人は愛用品を手放しませんでした。当該のコップは既にメーカーが生産を終了しており、もしも今ある品が劣化で使えなくなったら、Benくんはまた生命の危険にさらされる可能性があります。

そこでGrumpy Carerさんは、同等品を譲ってもらえないかTwitterと専用サイトで呼びかけ。するとリプライで多くの情報が寄せられたほか、ダイレクトメッセージでのやり取りを経て、約40個の同じコップが寄贈されました。

さらにこの話題を、当のコップを製造していたtommee tippeeが把握。特設サイトを開設し、コップの原型を発見し再生産が可能となったことを発表しました。同社はBenくんの生涯においてコップを供給すると保証しており、これでGrumpy Carerさん一家も安心できそうです。

No image

tommee tippeeの特設サイト

(沓澤真二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
「スマスマ」香取慎吾のやる気のなさに視聴者から「甘ったれるな」の呆れ声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加