ホンダ、新ドライビングシミュレーター技術を導入...自動運転などの研究開発に

ホンダ、新ドライビングシミュレーター技術を導入...自動運転などの研究開発に

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

ホンダR&Dヨーロッパが導入する新ドライビングシミュレーター技術「DiM250」のイメージ

ホンダの欧州部門は12月4日、「DiM」(ドライブ・イン・モーション)と呼ばれる画期的なアーキテクチャをベースにした新しいドライビングシミュレーター技術を導入すると発表した。

ドライビングシミュレーター技術のDiMは、自動車メーカーがバーチャルなプロトタイプと実際のテストとのギャップを埋めることを可能にするもの。従来のシミュレーターと比較して大幅にコンパクトで、コストが抑えられるメリットがある。

今回、ホンダのR&Dヨーロッパが、「DiM250」を導入することを決定。新しいシミュレーターは2018年後半、ドイツ・オッフェンバッハのホンダR&Dヨーロッパのテクニカルセンターに配備される予定。

多くの運転シミュレーターは、フライトシミュレーターから得られたモーションテクノロジーを利用し、6つのアクチュエーターを使う。しかし、DiM250では9つのアクチュエーターを使用しているのが特徴。1台のシミュレーターで、車両の乗り心地、操作性、加速性を正確に再現することができるという。

ホンダR&Dヨーロッパは、DiM250を主に車両ダイナミクスなどの研究開発に使用。自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)、ヒューマン・マシン・インターフェイス、パワートレイン技術の設計プロセスの初期段階で利用していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バックロードホーンのユニット交換で音質向上!?FOSTEX『かんすぴ Type2.バックロードホーン』交換編
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
とにかくスゴい!DIME最新号の特別付録『3DIMENSIONS VR GLASS』の遊び方
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
ネットユーザーが「完全無料化」を望むものTOP5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加