「家、ついて行って」出演交渉相手がまさか

「家、ついて行って」出演交渉相手がまさか

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2018/01/09

1月8日に放送されたバラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?〜深夜にこっそり!ディープな人生SP」(テレビ東京系)で、スタッフがロケ中に出演交渉した相手が、同番組のパロディAVに出演した女優という珍事があった。

No image

その他の大きな画像はこちら

番組はこの日、東京・阿佐ヶ谷で深夜のロケを敢行。商店街を歩いていた女性2人組見つけ声をかけると、ライブスペース「阿佐ヶ谷ロフトA」でイベントを終えたところの地下アイドル・ふたりオポジットの凪原亜季さんと、セクシー女優の八ッ橋さい子さんだった。

スタッフは凪原さん宅、八ッ橋さん宅、両方をはしごするという展開。特に八ッ橋さんは家に祖父の胸像があるような家で育ち、桜蔭中学・高校、慶應義塾大学を卒業した経歴や、地方公務員を辞めてセクシー女優に転身した理由、そして「家、ついて行ってイイですか?」のパロディ作品に出演したことなどが語られると、VTRを見守っていたおぎやはぎ・矢作兼やビビる大木らから驚きの声が上がった。

VTR明け、矢作は「これは問題だよ、問題作だよ。結構考えさせられる」とコメント。ビビる大木も「逆にゴールデンで放送するべきだと思う。みんなで考える内容だよ」と続け、矢作は「これは深夜じゃないんだな、実は。ちょっとエロが入って来るから深夜だと思いがちだけど」、鷲見玲奈アナは「ついにパロディに出た子が出ちゃう……」とまとめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山崎賢人 門脇麦との濃厚キス50回で赤面しトイレに猛ダッシュ
菜々緒、悪女を超えた"悪魔"役「皆さんを震え上がらせたい(笑)」
「主演は早かった」「フジが悪い」1ケタ低迷で打ち切り! “大爆死ドラマ”主演俳優3人のその後
NHKが家に来ても、揉めずに1秒で帰ってもらう「魔法の言葉」が話題に!
想定内の苦戦も評価高まる「海月姫」芳根京子の演技
  • このエントリーをはてなブックマークに追加