最新ランキングをチェックしよう
松坂桃李「娼年」は「自分史上最も入り口と出口が違う作品」

松坂桃李「娼年」は「自分史上最も入り口と出口が違う作品」

  • 映画.com
  • 更新日:2018/03/13

第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督で2016年の舞台に続き映画化した「娼年」の完成披露イベントが、3月12日に東京・TOHOシネマズ新宿で開催。松坂、三浦監督に加えて真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、西岡徳馬、江波杏子といった出演陣が勢ぞろいした。
 無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)は、女

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
クロちゃん、「キモくて絶対無理!」あるあるポエム発表で非難轟々
大阪・高石市の化学工場で火災 消防車15台が出動
【衝撃事件の核心】元検察官が同僚宅に21回侵入...裁判官もあきれ果てた動機
東京ディズニーリゾートには、なぜ蚊がいないの?
ディズニーキャラたちを「リアルな人間」として描いた肖像画が素晴らしい! 息づかいすら感じられそうな迫力が人気を集める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加