【ユーロNCAP】スズキ イグニス、最高評価...自動ブレーキ装着車

【ユーロNCAP】スズキ イグニス、最高評価...自動ブレーキ装着車

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは11月30日、スズキ『イグニス』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の5つ星と認定している。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で実施される衝突テスト。

2009年2月、ユーロNCAPは新評価システムを導入。評価の4項目に応じて、ポイントが配分される。最新の制度では、最重要視される「成人乗員保護性能」に、ポイントの40%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置」の3項目には、各20%を配分する。

最高の5つ星を得るためには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子ども乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上のポイントを獲得するのが条件。4項目のひとつでも、基準のポイントを下回り、4つ星以下となった場合、総合評価で5つ星と認定されない。

スズキ イグニスのテスト結果は、成人乗員保護性能が33.1点(87%)で、5つ星の条件をクリア。子ども乗員保護性能は38.8点(79%)で、5つ星の条件を満たす。歩行者保護性能は32.6点(77%)で、5つ星に該当。安全補助装置は7.2点(60%)と、5つ星に必要な50%を超えた。

この結果、スズキ イグニスは、ユーロNCAPの総合評価で最高の5つ星と認定。ユーロNCAPは、「5つ星はオプションのデュアルカメラブレーキサポート(自動ブレーキ含む)装着車の評価。未装着車は3つ星」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
病院にタクシー突っ込む 夫婦含む3人死亡 福岡
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
車のタイヤが外れ直撃...重体の女性が死亡
飲酒運転隠すため飲酒...被害少年が恐怖語る
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加