「バルサ退団を残念に思う」オランダの英雄クライファートが久保建英に言及

「バルサ退団を残念に思う」オランダの英雄クライファートが久保建英に言及

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/11/21
No image

バルセロナ下部組織でディレクターを務めるパトリック・クライファート氏(43)が、現在マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)に言及した。フランス紙『Le 10 Sport』が伝えている。

バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から制裁を受けた影響で2015年に退団。日本に戻ってFC東京や横浜F・マリノスで経験を積み、今年6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、レアル・マドリーへの移籍が決まった。

現在は期限付き移籍でマジョルカに所属し、ここまで公式戦10試合で1ゴール1アシストを記録している久保。現役時代、バルセロナのほか、アヤックスやミラン、オランダ代表などで活躍し、今年7月にバルセロナ下部組織のディレクターに就任したクライファート氏が日本代表MFについて言及した。

「選手がクラブを去るとき、いつも残念に思う」と久保のバルセロナ退団を悔やんだクライファート氏。「彼がサッカー選手として成功することを願っている」とエールを送った。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

●海外組ガイド

●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシア、東京五輪など参加禁止に
久保建英、メッシへの“股抜き”にスペインメディアも注目。「バロンドーラーを...」
ポドルスキ、日本代表ユニフォーム姿を披露!9月には試合観戦も
森会長「結論まで静観」 ロシアの五輪除外処分
18歳のアーセナルFWが躍動! プレミアリーグ初スタメンでクラブ最年少ゴール記録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加