アーバネットコーポレーション---1Qは2ケタ増収増益、不動産開発販売が好調

アーバネットコーポレーション---1Qは2ケタ増収増益、不動産開発販売が好調

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

アーバネットコーポレーション<3242>は13日、2018年6月期第1四半期(2017年7~9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比11.0%増の44.30億円、営業利益が同14.2%増の6.24億円、経常利益が同12.6%増の5.66億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同11.6%増の3.89億円となった。

不動産開発販売は、自社開発物件の投資用ワンルームマンション・分譲マンション5棟121戸を売上計上して、前年同期比14.5%増となった。不動産仕入販売は、買取再販物件1戸を売上計上した。

2018年6月期通期の連結業績予想については、売上高が160.00億円、営業利益が15.00億円、経常利益が12.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が8.50億円とする期初計画を据え置いている。

同社は今後、新規事業としてのホテル事業による賃貸料収益の増加や子会社アーバネットリビングによるテラスハウス、アパート販売により収益の向上を図っていくとしている。

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
アマゾンの競合商品販売禁止 露骨な自社優先、日本人の国民性と相いれず ネット通販シェア拡大の足かせに
アマゾン、競合LINEのAIスピーカー販売禁止に 理由示さず...独禁法違反の可能性
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加