パパが子供達のために一生懸命ロボットを作った結果 → 才能が開花しネットショップまで開くほど有名になりました

パパが子供達のために一生懸命ロボットを作った結果 → 才能が開花しネットショップまで開くほど有名になりました

  • Pouch
  • 更新日:2018/01/14
No image

ポーランドに暮らすセバスチャン(Sebastian Kucharski)さんは、スクラップされた金属を精巧なロボットへと作り変えるアーティスト。これまでに大小さまざまなロボットを作ってきており、そのすべてが目を見張る出来栄えなんです。

おもな材料として用いるのは、スクラップ車やオートバイ。

作品は海外ショッピングサイト「Etsy」で実際に購入することもできるのですが、とにもかくにもこだわりっぷりが尋常じゃないんです。

【いくらなんでもデカすぎる】

そのことはずらりと並んだ商品を見れば明白! セバスチャンさんの作るロボットはビッグサイズのものが多く、特別に大きいものだと高さ3m10cm(!)、重さ470kg(!!)というでかさなんですよ。

日本への発送も行ってくれるようだけど、商品の値段は約197万5000円だし、送料だけで32万円以上かかるというのだから、決して現実的なお買い物ではございません。そもそも部屋が狭い日本じゃあ、一体ぜんたいどこに飾ったらいいのかわからないよ~!

No image

【子供たちにせがまれたことが制作のきっかけ】

海外サイト「Bored Panda」によると、ロボット制作のきっかけはセバスチャンさんの子供たち、とのこと。今から10数年前に「ロボットを作って~!」とせがまれて小さなロボットを作ったことで、創作魂に火が点いてしまったようなんです。

大きなロボの購入は難しそうだけど、小さな超合金ロボくらいのサイズのものだと、3万円代での購入も可能みたい。

No image

【ウォーリーをモチーフにしたロボットもいる~!】

ちなみに、セバスチャンさんのロボの中でわたしが心惹かれたのは、2008年に公開されたピクサーとディズニーによるアニメーション映画『ウォーリー』をモチーフにしたロボットです。大きさもまさに “本物のウォーリー” といった感じで、実際に目の前にしたら、子供だけでなく大人でもテンション上がっちゃいそうだわ~♡

No image

SF映画の大ファンで、作品づくりに大きな喜びを感じているというセバスチャンさん。子供のようなワクワクとした心と、これまで培ってきた卓越した技術が合わさると、こんなにもスケールの大きい作品が生まれるのですね。

参照元:EtsyBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼映画『スターウォーズ』シリーズに出てくる兵器「AT-AT」やドロイドたちをモチーフにしたロボットも!

No image
No image
No image

▼それにしてもデカいな~

No image
No image

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの人が歴代記録をまたも更新!第90回アカデミー賞ノミネート候補一覧
これはひどい。仕事を選ばない男、ニコラス・ケイジがもっと仕事を選ばなかったらこうなってしまう写真集
第90回アカデミー賞ノミネーション発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補に
パパがシャイな息子のためにイラストをお弁当袋に描き続けた結果 / クオリティ高すぎる!! と話題に
ブルゾンちえみ、B'zも参戦!『ジオストーム』の嵐を呼ぶ宣伝展開が『スター・ウォーズ』の牙城を飲み込んだ!

映画のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加