アルバレスとゴロフキン、5月5日に再戦へ 米メディア報道

アルバレスとゴロフキン、5月5日に再戦へ 米メディア報道

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

ボクシング、WBA・WBC・IBF世界ミドル級タイトルマッチ。12回のゴング後、ともに両拳を上げて喜ぶサウル・アルバレス(右)とゲンナディ・ゴロフキン(2017年9月16日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】米紙ロサンゼルス・タイムズは11日、元WBCミドル級王者のサウル・アルバレス(メキシコ)が、WBA・WBC・IBFの統一同級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と5月5日に再戦することで合意したと報じた。

報道によると、ゴロフキン陣営が「数日中」にもゴーサインを出すとされているが、プロモーターを務めるエリック・ゴメス氏は、3度目の再戦条項は今回の合意に含まれていないとしている。

これまで38戦無敗のゴロフキンは昨年9月、アルバレスとの一戦で米ラスベガスデビュー。結果は引き分けとなったが、ミドル級の頂上決戦にふさわしいファイトを演じ、試合後には両者とも再戦を希望していた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猪木さん、坂口さんを上司なんて思えないよ 元プロレスラー キラー・カーン【前編】
村田諒太「恩恵返す」最終目標はタイソン以来東京D
村田、東京Dで試合したい!ビッグイベントで「日本盛り上げる」
あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】
村田諒太 世界戦「東京ドームでやりたい」 実現すれば日本人初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加