113番元素「ニホニウム」に正式決定 元素記号は「Nh」

113番元素「ニホニウム」に正式決定 元素記号は「Nh」

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/30

元素名を決める国際純正・応用化学連合(IUPAC)は11月30日(日本時間)、理化学研究所が発見し、命名権を獲得していた113番元素の名称を「ニホニウム」(nihonium、元素記号は「Nh」)に正式に決定した。新元素の認定・命名はアジアでは初めて。

No image

理研の公式サイトより

同元素は、九州大学の森田浩介教授らが2004年7月、初めて合成に成功した。ロシアと米国の共同研究グループも別の手法で合成し、発見の優先権を主張していたが、15年12月に日本が命名権を獲得。理研が元素名案を「ニホニウム」、元素記号案を「Nh」と決め、16年3月にIUPACに提案していた。

No image

亜鉛とビスマスを衝突させ、113番の元素を合成した

森田教授は「日本発、アジア初の元素名が人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席を占めることになりました。研究グループの代表として大変光栄に思います」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米中の宇宙開発競争が激化、真の「勝ち組」は日本―米メディア
Googleの機械学習システムは専門医よりも上!糖尿病による網膜症の兆候を機械学習できるシステムを開発
NASA が「宇宙飛行士のトイレ事情解決法」を公募中! 採用されたら賞金340万円が貰えるぞ!!
新種鉱物「ブンノアイト」と命名 高知の山中で発見
引きこもりはなぜ起こる?京大教授らがメカニズム発見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加