成田山新勝寺で大しめ縄づくり

成田山新勝寺で大しめ縄づくり

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

千葉県の成田山新勝寺では、来年の初詣客を迎えるため、大しめ縄づくりが行われています。

この大しめ縄は、江戸時代に五穀豊穣を祈願して作られたのが始まりとされ、2500束のワラが使われているということです。

完成すれば横6.6メートル、縦1.5メートル、重さは200キロになるということです。(01日10:21)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
担任が生徒を『○○菌』...“原発いじめ”に小倉が本気で怒り
NHK籾井会長が任期満了直前で見せた「哀愁の粘り腰」
【報ステ】千葉・女性集団暴行、新たに医師も逮捕
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加