最新ランキングをチェックしよう
【黄金世代】第5回・本山雅志「愛するアントラーズになぜ別れを告げたのか」(♯4)

【黄金世代】第5回・本山雅志「愛するアントラーズになぜ別れを告げたのか」(♯4)

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07

鹿島アントラーズの門を叩いたのは、1998年の春だった。いくつかの選択肢の中から、「サッカーが巧くなりたいならアントラーズしかないと思った」という。
 
 同期入団は小笠原満男、中田浩二、曽ケ端準、山口武士、中村祥朗。すべて当時のユース代表選手で、後にも先にも、これだけの高卒スーパータレントを同時に獲得したJクラブは例がない。
 
 前々回のこの連載で、小笠原はアントラーズに入団すべきか悩んでいる

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
保育園や幼稚園帰りに「今日何したの?」と聞いてはいけない理由
“リアル峰不二子”小倉優香、溢れんばかりのGカップバストで悩殺
『鉄腕ダッシュ』、長瀬智也の新企画告知に「視聴者大爆笑」のワケ
林家三平、沈黙破る「親を俯かせ、家族を苦しめ」「身内と呼びたくない」
水卜アナ“正月休み”でスッキリ欠席 加藤浩次苦笑「もう6月なのに」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加