【黄金世代】第5回・本山雅志「愛するアントラーズになぜ別れを告げたのか」(♯4)

【黄金世代】第5回・本山雅志「愛するアントラーズになぜ別れを告げたのか」(♯4)

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

辛い思い出も笑い飛ばしながら振り返った。どこまでもポジティブは男は、周囲の雰囲気をも和ませる。写真:筒井剛史

No image

鹿島に残るべきか、欧州挑戦に踏み出すべきか。20代後半、揺れ動いた時期があったと明かす。写真:筒井剛史

No image

日本代表ではついぞゴールを挙げられず、2度のW杯出場のチャンスも逃したが、活動は6年間に及び、確かな足跡を残した。(C)SOCCER DIGEST

No image

2年前の記念試合で再集結した6人衆。左から本山、小笠原、山口、中田、中村、曽ケ端。(C)SOCCER DIGEST

No image

1998年、鹿島の同期入団6人組。左から本山、中田、中村、山口、小笠原、曽ケ端。いずれも当時のU-19日本代表だった。(C)SOCCER DIGEST

鹿島アントラーズの門を叩いたのは、1998年の春だった。いくつかの選択肢の中から、「サッカーが巧くなりたいならアントラーズしかないと思った」という。

同期入団は小笠原満男、中田浩二、曽ケ端準、山口武士、中村祥朗。すべて当時のユース代表選手で、後にも先にも、これだけの高卒スーパータレントを同時に獲得したJクラブは例がない。

前々回のこの連載で、小笠原はアントラーズに入団すべきか悩んでいる時、背中をポンと押してくれたのが本山だったと明かしてくれた。当の本人に話を向けると「言ったかな、言ったかもしれない(笑)。だってミツオと一緒のチームでサッカーをやりたかったから」と恥ずかしそうに語り、実際に良い時も悪い時もずっと近くにいてくれたし、コウジ(中田)もソガ(曽ケ端)もそうですけど、あの3人には本当に支えてもらいましたから」と、感謝を口にする。

アントラーズには足掛け17年在籍した。ジョーカーだった数シーズンを経て主軸となり、2002年にはビスマルクから背番号10を継承。以降、13年間に渡って栄光のナンバーを背負い、30代に突入してからもサポーターのアイドルであり続けた。獲得したタイトルは、14個に及ぶ。

例えばルーキーで入団した当初、常勝軍団には豪華メンバーがずらりと顔を並べていた。本山はいったい誰にどんな影響を受けたのだろうか。

「それも、一番はミツオですね」

即答だ。好きで好きでしかたがないのだ。

「いつも刺激をいっぱいくれましたから。マジで巧くて、いろんな蹴り方ができるんですよ。試合の動かし方とか、本当に絶妙で。傍らで見ながらすげーなぁって思ってましたもん。3冠を獲った年(2000年)だった。ビスマルクが、自分は守備はしない、前にいたいからって言ったんですよ。あのシーズンのミツオは熊谷(浩二)さんとコツコツ守備をやってて、巧いだけじゃない、献身的な動きでもチームに大きな影響をもたらしていた。僕の持ってないものを全部持ってるんですよ。シンジ(小野伸二)はシンジでスゴい。でも身近でずっと見てたぶん、僕にとってはミツオがナンバーワンなんですよ。だからいまはひとりで寂しい。ミツオはいいですよ、なんだかんだでコウジもソガも近くにいるわけですから」

おまけに、秋田豊さんとのエピソードも添えてくれた。

「入団した頃から、練習ではいつも『来いよ、来いよ』って感じで、いつも当たって砕けろじゃないけど、相手してもらってましたね。なかなか突破させてもらえなかったんだけど、秋田さんが名古屋に移籍して、初めてJリーグの舞台で対戦することになった。もうガンガン行きましたよ。で、一回勝ちました。しっかり抜いてアシスト決めて。気合い入れすぎて強烈な切り返しをしたから、ここ(大腿部)を傷めちゃったけど。やっと恩返しができました」
ワールドユースの後は、シドニー五輪代表メンバーに選ばれ、日本代表でも常連となった。残念ながら2002年、2006年と2度のワールドカップはどちらもエントリーできなかったが、フィリップ・トルシエ、ジーコの両政権下で存在を示した。

A代表ではひとつの黒歴史がある。2000年6月8日のボリビア戦でデビューし、06年までコンスタントに招集され、28試合に出場した。しかし、ゴールは奪えずじまいだった。

「あんまり気にはしてないんですよね。得点にそこまでこだわりがないというか……それが良くなかったのかな(笑)。期待されてるのがそこだったのかは分からないけど、チームが勝つことが一番。そのためのひとつのピースとして機能的でありたいと、いつも思ってやってきたんで。代表は本当に楽しかったですよ。当たり前だけど周りがみんな巧くて、しかも世界のいろんなところに行かせてもらって、いろんなチームと戦えた。とくにジーコの代表はなかなか行けないような国にもいっぱい遠征しましたからね。ただ、代表で自分の持ち味を出せたかっていうと、そうでもなかったかもしれません。みんな個性が強い集まりで、どうしても僕は、自分が自分がってなれなかった。得意じゃないんですよ。任せてもみんなできちゃいますからね」

本山が招集されていた当時の日本代表は、攻撃的MFのポジションにスタープレーヤーがひしめいていた。中田英寿、小野伸二、中村俊輔、小笠原満男、森島寛晃、三都主アレサンドロ……。トルシエジャパン時代、本山は中村とこんな会話を交わしたという。

「いつだったか、アレ(三都主)が日本に帰化することになって、すぐ代表入りするだろうって話で。同じ左サイドじゃないですか。それはシュン(中村)さんも同じで、『ヤバいね。どうするよ』って話してましたね。ただでさえサイドはシンジ(小野)もいて渋滞してるのに、大渋滞になっちゃうよって。でも僕なんかは、そうなればなるほど、実は楽しかったんですけどね。練習のレベルがグッと上がるじゃないですか」

日本代表の試合は、最近になってよく観るようになった。期待を寄せているのは、34歳になった不動のキャプテンだ。

「頑張ってほしいんですねぇ、長谷部(誠)には。一緒に代表でやってた選手では最後の世代くらいじゃないかな。応援してますよ。来年のワールドカップでも暴れてほしいです」 小野や稲本潤一、高原直泰など、黄金世代の僚友たちが海外で研鑽を積み、アントラーズのチームメイトである中田がマルセイユに旅立ち、小笠原も1シーズンだけセリエAでプレーした。はたして本山に、欧州挑戦への渇望はなかったのか。

「うーん、あんまり話したことはないですけど、あと少しってのはありましたね。話は来てたけど正式なオファーには至らなかったというか。ちょうど2007年くらいで、28歳くらい。いま行かないとなって想いはありましたけど、どうかな、最終的にはオファーをもらってても行かなかったんじゃないですかね。ちょうどアントラーズがまた勝ち始めてて、上向いてる感じだった。いま抜けるわけにはいかない、なんとかタイトルを獲りたいって時期でしたから。いまとなってはすべてが“たら・れば”です」

昔から「スペイン・サッカーが好きでよく観ている」と話していた。だが、ずっと憧れていたのは意外や意外、元イタリア代表の名ボランチだ。

「中学とか高校の頃って、家で観れたのがセリエAくらいで、すごい人気だったじゃないですか。それで好きになったのが(デメトリオ)アルベルティーニ。中学校の頃から大のお気に入りで、なんていうか、すべてを把握してる感じ、利いてる感じが抜群に良かった。ヒガシ(東福岡)でボランチやった時とか、実は嬉しかったりしたんですよね。あれ、アルベルティーニと同じじゃんって(笑)」

栄光に彩られたアントラーズでの日々。その中で、もっとも苦難に満ちていたのは2008年シーズンだったのではないだろうか。

本山は6月に水腎症という病を発症した。尿路の通過障害によって腎で作られた尿が停滞し、腎臓が内側から腫れた状態になる。本山は「かなりキツかったし、プレーへの影響も計り知れないくらいあった。腹痛というか腰痛というか、熱も出るし。飲み物を飲むと溜まってしまうから、コントロールしなければいけない。手術したら1か月は安静になると言われた。チームに迷惑は掛けられないと思いましたね」と笑うが、ともすれば選手生命に関わる危機だった。

彼は慢性的な痛みと体調の変化に苦しみながらも、ごく限られたチームスタッフにしかその事実を伝えず、主軸としてシーズンを戦い抜いた。「痛かったけどできちゃったんです。そんなもんですよ」と振り返る。J1リーグ連覇を決めた翌日、ようやく手術を受けたという。 誰もが、本山はアントラーズに骨をうずめるものと思っていたはずだ。だが稀代のアタッカーは、新天地を求めた。現役にこだわった。

「アントラーズとの契約が満了になる。育ててもらって、すごいタイトルをたくさん獲らせてもらった。でもだからと言って、辞めますとはならなかったんです。自分としては、やれるとこまでサッカーがしたい。契約がなくなって所属チームがなくなれば辞めるしかないけど、自分を必要としてくれるチームがあるなら、そこでチャレンジしたいと思った」

2015年春、慣れ親しんだエンジのキットに別れを告げ、本山は生まれ故郷へと帰還する。ギラヴァンツ北九州。初めてのJ2リーグでの戦いだ。

<♯5につづく>

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

※次回はいよいよ最終回。稀代のファンタジスタがフットボールへの熱き想いと、来るセカンドキャリアへのビジョンを明かします。お見逃しなく!

【本山雅志PHOTO】稀代のドリブラーのキャリアを厳選フォトで 1995-2017
───◆───◆───

PROFILE
もとやま・まさし/1979年6月20日生まれ、福岡市北九州市出身。3つ上の兄の影響でサッカーを始め、地元の二島小、二島中でアタッカーとしての才能を育まれる。高校は名門・東福岡へ。1年時はボランチで選手権ベスト4、3年時にはナンバー10を背負って伝説の3冠を達成した。ユース代表でも攻撃の中枢を担い、98年アジアユースで得点王を獲得。鹿島アントラーズ入団2年目の1999年、ナイジェリア・ワールドユースでは自慢のドリブルを炸裂させ、U-20日本代表の準優勝に貢献、大会ベスト11に選出された。2000年のシドニー五輪にも出場。鹿島では5度のJ1リーグ優勝を含む14個のタイトルを獲得。17年間在籍し、13年間に渡って背番号10を着けた。そして2016年、生まれ故郷を本拠地とするギラヴァンツ北九州に移籍し、現在に至る。00年6月のボリビア戦でA代表デビュー。W杯出場は果たせなかったが、04年アジアカップ、05年コンフェデ杯などで存在を誇示した。日本代表通算/28試合出場・0得点。Jリーグ通算/405試合・38得点(J1は365試合・38得点)。175センチ・65キロ。A型。データはすべて2017年12月6日現在。
【PHOTO】厳選フォトで振り返る1999ワールドユース「銀色の進撃」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あまりの惨敗に田嶋会長が激怒!「日本代表選手としての誇りを持ってるのか」
金田喜稔が韓国戦を斬る!「ショックな敗戦。ハリルにこのまま任せていいのか疑問符が」
井手口陽介、臨機応変さ欠き反省「ボールを持つ時間は絶対大事」
【EAFF E-1 2017 日本代表 vs 韓国代表】【ハイライト動画】屈辱の4失点...ハリルジャパン、韓国に惨敗でE-1逆転優勝許す
「実力不足」を認めた今野泰幸は日韓戦の惨敗劇をどう分析したのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加