最新ランキングをチェックしよう
日本で、自殺という選択肢は社会的に「肯定」されていないか? --- 和田 行裕

日本で、自殺という選択肢は社会的に「肯定」されていないか? --- 和田 行裕

  • アゴラ
  • 更新日:2017/11/14

自殺の問題が取り上げられる際に、決まって「自殺にまで追い込んだ」労働環境、いじめ、学校の責任などを問題の主旨として説明される。
もちろんそれらは改善されるべきことではあると思うが、「自殺をするまでの」や「自殺にまで追い込まれた」などの言葉は、暗に自殺という選択を「肯定」してしまっていないか。さらに、自殺した者の行為を否定することはタブー視され、無条件に自殺という行為に何らかの意味付けがなされる。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
「トイレに入ったら “ウンコよりヒドい物” が便器に残されてました」って画像
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
8万円以上する「水沢ダウン」買ってよかった
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加