最新ランキングをチェックしよう
フェデラーにサンプラス、元世界No.1の顔ぶれで見るテニスの歴史

フェデラーにサンプラス、元世界No.1の顔ぶれで見るテニスの歴史

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/02/15

2018年2月13日付けの男子テニスのランキングトップに君臨するのは、グランドスラム16回の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)だ。これまでにさまざまな選手がトップに輝き、一時代を築いてきた。今回は世界ランキング1位の通算在位週が最も長い5選手と、彼らが活躍した時代を紹介していく。
■ロジャー・フェデラー(スイス)
現在最も優れたテニスプレーヤーとの呼び声も高く、歴代の中でも最高のオールラウン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【告知】大坂らフェド杯初日
【速報】錦織、粘るチリッチにマッチポイントを決めれず第2セットを失う[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ]
錦織 準決勝は世界4位ズベレフ
錦織4強入り!チリッチをフルセットで下す テニス
錦織圭、復帰後初のトップ10撃破 完全復活へ前進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加