実力開放!新型MacBook Proの秘められた破壊力とは?

実力開放!新型MacBook Proの秘められた破壊力とは?

  • @DIME
  • 更新日:2018/08/10
No image

Image Credit: アップル

さる2018年7月、アップルは唐突とも思えるタイミングで自社製ラップトップ「MacBook Pro」のアップデートをおこなった。

内部スペックを刷新し、さらにMacファンには「持病」として知られていた弱点を解決したことで、そのアップデートは誰しもに歓迎されるはずだった。

新型MacBook Proの進化と発売直後に見舞われたトラブル、そしてそれを乗り越えた真のパフォーマンスについて解き明かしたい。

最新最強モデルになるはずだったアップデート

No image

Image Credit: アップル

新型MacBook Proの進化は大きく分けて、1:内部スペックの向上、2:入出力インターフェイスの改善が図られている。

まず15インチモデルではオプションで6コアプロセッサが、そして13インチモデルでもクアッドコアプロセッサの選択が可能になった。これにより、両モデルで最大70%から2倍も処理能力が向上している。また、最大32GBのメモリが搭載できるのもクリエーターには嬉しいポイントだろう。

そして、ディスプレイは新たに「True Toneテクノロジー」に対応した。これは周囲の環境光や明るさにあわせて画面の色を変える機能で、長時間使用時などに目への負担を減らしてくれる。またキーボード内部に膜(メンブレン)が追加されたことで、タイピング音が小さくなりさらに埃による故障にも強くなっている。

まさかの発熱トラブルが発生

No image

Image Credit: Dave Lee/YouTube

しかし製品の出荷直後、6コアプロセッサを搭載した最上位モデルで発熱問題が次々と報告された。これは、プロセッサの発熱から内部パーツを守るため、動作スピードが落ちパフォーマンスダウンしてしまうという問題だ。

アップルはこの問題を認め、謝罪。すぐに問題を解決するアップデートを配信し、新型MacBook Proは本来のパフォーマンスを取り戻すことになる。

新たな利用スタイルを提案

No image

Image Credit: アップル

今回のMacBook Proのアップデートは、内部スペックだけが焦点ではない。上画像のように外付けGPU(eGPU)を接続することで、グラフィックス性能を大幅に向上させられるのだ。例えば比較的グラフィックス性能が非力な13インチモデルでも、eGPUを接続することでデスクトップモデルに迫るパフォーマンスが発揮できる。

さらに、今年秋には新OSとなる「macOS Mojave」が配信される。これは画面のトーンがおさえられるダークモードで見た目を大きく変えられるだけなく、ファインダーが改善されたり、iOS向けアプリが一部移植されるなど、方向性の転換が見られる。

夏に突如登場した新型MacBook Proと、秋にやってくるmacOS Mojave。MacBook Proの進化は、まだまだ止まらないようだ。

(文/塚本直樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple Parkのカフェテリアの窓、開きすぎ
【悲報】iPad mini今年もアップデートモデルの発売予定なし。MacBook Airは9月にエントリーモデルか
今秋の新型iPhone、OLEDモデルがApple Pencil対応との新たな報道
新MacBook Airは今年9月か10月に登場?調査会社が予測レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加