3点差逆転勝ち!早実・新主将野村「自信に」 清宮超え日本一狙う

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18

「高校野球・秋季東京大会、早実10-4日大鶴ケ丘」(16日、早実グラウンド)

2年連続のセンバツ出場を目指す早実は、第12ブロック代表決定戦で日大鶴ケ丘を下し、本大会出場を決めた。

3点差を逆転した早実が、本大会に駒を進めた。3番・野村大樹捕手(2年)は1安打1打点。救援で最速146キロを計測した相手右腕・勝又から中犠飛を放った。「粘り強いのが早実の野球。自信になる」と手応え十分。声出しでもナインを引っ張った新主将は「清宮さんから学ぶことは多い。去年は神宮大会で準優勝。日本一で超えられるように」と目標を掲げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最速147キロ右腕の大船渡・佐々木投げず初戦敗退
鎌倉学園、スター軍団に引導渡す大金星!横浜センバツ絶望/高校野球
多彩なパスを操る筑波大MF鈴木徳真、得点演出も延長前半に負傷交代(4枚)
清宮、あす進路表明へ=プロか進学か-高校野球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加