ネットワールド、サイバーセキュリティ対策の仮想アプライアンス

ネットワールド、サイバーセキュリティ対策の仮想アプライアンス

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/17
No image

ネットワールドは4月17日、オランダのRedSocks Security社のサイバーセキュリティ仮想アプライアンス「RedSocks Virtual Malicious Threat Detection(以下、RedSocks vMTD)」を、同日より国内販売すると発表した。

RedSocks社のソリューションは、サイバーセキュリティにおける出口対策に特化し、IPFIX による全てのアウトバウンド通信のフロー情報を監視し、高精度な脅威情報とヒューリスティック検知で不正通信や脅威をリアルタイムに検知する。

ネットワールドは、2015年からハードウェアアプライアンス「RedSocks Malware Threat Defender(RedSocks MTD)」を提供しているが、今回販売を開始するRedSocks vMTDは、仮想アプライアンス版。VMware ESXiのハイパーバイザーに対応し、ネットワールドは、VMwareやサーバ、クラウドサービスも含めた導入支援サービス、コンサルティングサービスなども提供する。

RedSocks vMTDの他に、ネットワークのトラフィックデータを取得してフロー情報に変換するオプション製品「RedSocks vProbe」も仮想アプライアンスで提供される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大幅な配送遅延だった伸縮センサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」、お届け見通しが立つ
国内最安値!オプトスタイルがHDR10対応55V型4K液晶テレビを5万9800円で発売
手軽に日々の睡眠をトラッキング&IFTTT連携も可能な「Nokia Sleep」を使って睡眠をチェックしてみた
「Gmail」大幅アップデートの新機能まとめ
半導体って何? まったく何も知らない人も、絶対にわかる解説をしてみよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加