【ローズS】行きっぷり◎モズカッチャン好仕上げ

【ローズS】行きっぷり◎モズカッチャン好仕上げ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、ローズSに出走するモズカッチャンを管理する鮫島師を直撃した。

No image

坂路で追い切るモズカッチャン

――まずはローズSのモズカッチャン。前走(オークス2着)後、夏は放牧。1週前はM・デムーロで追い切り。少し右へモタれました。

鮫島師 ジョッキーも初めて乗って反応し過ぎてしまった感じ。普段からそうなる馬ではないので心配はしていません。

――最終追いは坂路で半マイル53秒4~1F12秒7。

行きっぷりが良くて予定していた以上に速い時計になってしまったけど、それだけ良い仕上がりということです。体重は10キロくらい増えています。太め感なく成長分でしょう。

――ハローユニコーンもローズS。阪神は忘れな草賞を勝った舞台。

前走(オークス14着)の東京2400メートルよりは条件的に好転していると思います。膝の炎症が認められたので1カ月休ませましたが、出走態勢は整っています。

――セントライト記念にはプラチナヴォイス。春先は右にささっていましたが?

右だけブリンカーをするし、調教で内田騎手に乗ってもらったら真っすぐ走っていたので今回は大丈夫でしょう。3頭とも楽しみです!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!
エッチ目的!男子が「好きではない女子にしがちな」エッチテク3つ
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国
小倉優香の“リアル峰不二子”ボディをたっぷり堪能 ビキニで悩殺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加