トヨタ、ホームコースでポイント差をどれだけ縮められる?

トヨタ、ホームコースでポイント差をどれだけ縮められる?

  • J SPORTS
  • 更新日:2017/10/13
No image

プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の第7戦、「富士6時間」が、10月15日(日)に富士スピードウェイ(静岡県)で開催される。その決勝の模様はJ SPORTSで生中継J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信される。

WECは全9戦のいよいよ終盤。残るは日本、中国、バーレーンのアジアラウンドとなる。開催地である富士スピードウェイはご存じのように、1.5km以上のストレートを持つ日本屈指のハイスピードコース。しかしながら終盤セクター3区間はテクニカルな上りとなり、最高速よりもセクター3のセッティングがキモになる。とはいえ、ここはトヨタのホームコース。2012年からの5年間で4勝を挙げているように、今年も是が非でも優勝をしなければ、タイトルは遠のいて行くという大事な一戦だ。今季3勝目を挙げて少しでもポイントリーダーであるポルシェとの差を縮めておく必要があるだろうし、ぜひ富士で君が代を流してほしいものだ。トヨタの来季WECへの継続参戦アナウンスはいまだに出ていない。もしかするとこの大会で何かのアナウンスが出るかもしれない。

No image

目下4連勝でドライバーズ、マニュファクチャラーズの両部門でトップに立つポルシェは、もちろん連勝記録を伸ばすことも大事だが、確実にポイントを追加してくるようなしたたかなレース展開を仕掛ける可能性もある。この週末の天気予報は雨。これがどう影響を与えるのか?

相変わらず激しいトップ争いが展開されるLM P2クラスは、前回シグナテック・アルピーヌの36号車が今季初勝利で、ますますタイトル争いは混戦になっている。この富士で一歩抜け出すチームは出てくるのか?

LM GTE PROクラスは、前回AFコルセ(フェラーリ)51号車がニュルブルクリンク以来の2勝目を挙げて、こちらも大混戦となっている。一戦一戦状況が変わるクラスなので、今回も見応えのあるバトルが展開されるに違いない。

LM GTE AMは澤圭太もドライブするクリアウォーターレーシング(フェラーリ)61号車が、前回2位でシリーズ3位に付けている。逆転はまだまだ可能であるし、本人も地元で表彰台の真ん中を狙っているはず。タイトル争いは上位3チームにほぼ絞られた状態なので、ここで再びトップに立っておきたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
約4700万円のランボルギーニにイタズラされた持ち主が激おこ! その様子を映した動画が超怖い...
幽霊を乗せる「心霊タクシードライバー」三和交通・大槻幸太郎インタビュー! TVで放送できない美人幽霊客「高畑悦子」の新事実とは?
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
『ドクターX』新キャスト・野村周平が不評! 画面に映っただけでブーイングの異常事態
<サッカー>中国と韓国が親善試合を希望した国、結局選んだのは日本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加