コンセンサス・ベイス、仮想通貨による資金調達「ICO」向けパッケージ

コンセンサス・ベイス、仮想通貨による資金調達「ICO」向けパッケージ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

ブロックチェーン技術の専門企業であるコンセンサス・ベイスは10月11日、ブロックチェーンのトークンを利用してICOを実施するために必要なコントラクト(ブロックチェーンで動作するプログラム)などを集約した「ICOパッケージ」を開発し、11月より提供開始する予定だと発表した。

ICOとは、ブロックチェーンを使って発行・売出するトークンを仮想通貨取引所にて日本円などの法定通貨やビットコインなどの暗号通貨と交換できるようにするもので、近年特に、ブロックチェーンを利用するサービスの開発・提供を計画するベンチャー企業が、株式の代わりにトークンを発行・売出して資金調達するケースが多く見られるという。

同サービスでは、ICOに必要な一連のコントラクトなどをパッケージとして整備し、各社の要件に合わせて設定すべき項目を複数のメニューの中から選択できるというもの。同パッケージを利用することで、ICOに必要なコントラクトなどを開発するリソース(スタッフ、 時間、費用)が不要となり、ICO準備作業の効率化が期待できるという。

提供可能な機能は、トークン発行、割当、トークンセール(売出条件、売出ロジック、トークン管理、暗号通貨管理)、運営者ダッシュボード、トークン購入応募者マイページ。また、ライセンス/カスタマイズ/ホワイトラベル/運用受託など、パッケージを利用する企業の要望にマッチしたサービスの提供形態も準備中だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモ&ZTE、2画面スマホ「M Z-01K」発表 「これは変態w」「Appleもビックリ」
成熟してきた日本のロボット市場の行方
小学生向けプログラミング学習アプリ、DeNAが無料公開 iOS/Android/Windows対応
KickStarterで約5,600万円を集めたゲーミングマウスが日本上陸
PS4似のGeForce GTX 1070搭載ゲーミングPCが発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加