J2では群馬が危機。東京V戦引き分けでも降格圏決定の可能性

J2では群馬が危機。東京V戦引き分けでも降格圏決定の可能性

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/13
No image

ザスパクサツ群馬【写真:Getty Images for DAZN】

15日に行われるJ2リーグ第37節で、1つめの降格圏チームが決定する可能性がある。ザスパクサツ群馬は、6試合を残して厳しい状況だ。

ここまで勝ち点19を獲得して最下位の群馬は、残留ラインとの勝ち点差が16という状況。つまり、東京ヴェルディ戦で負ければ、J3降格圏でシーズンを終えることが決定だ。

今節の降格圏決定を逃れる条件は他会場の結果で変わってくるが、勝てば今節の決定は回避となる。勝ち点36の19位熊本と勝ち点35の20位讃岐が直接対決するため、どちらかが勝ち点を落とすことが決まっているためだ。

15日の降格圏決定を回避するためには、19位熊本の勝利が望ましい。讃岐が引き分け以上で試合を終えると、残留ラインは勝ち点36になる。群馬は東京Vと引き分けると勝ち点20で、残り5試合で届かないことが確定する。

15日夜に開催される試合が群馬対東京Vのみで、他会場の結果を知った状態でのキックオフとなる。J3で昇格の権利を満たしたクラブがJ2のライセンスを所持していない場合はJ2から降格するクラブが減ることになるが、群馬はまだ戦い続けられるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【J1採点&寸評】大宮×柏|会心の一発を決めたマテウスは「7」。柏のキム・ボギョンも貢献度は高かった
【J1採点&寸評】神戸1-2鳥栖|イタリア人指揮官が知将ぶりを発揮! 両エースはワールドクラスのプレー
負傷離脱の同僚FWに捧げるゴールパフォ、横浜FM伊藤翔「試合が終わったらLINEが...」
追われる鹿島、ミスから自滅も...昌子「だれかのせいにするのは簡単」
横浜3位浮上 中沢「鹿島の独走させたくなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加