コウチーニョ失っても...フィルミーノは絶対死守! リバプールが“超長期契約”を計画

コウチーニョ失っても...フィルミーノは絶対死守! リバプールが“超長期契約”を計画

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/12
No image

リバプールに所属するロベルト・フィルミーノ【写真:Getty Images】

ブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョはバルセロナに移籍しエースを失ったリバプール。しかし、チームに所属する26歳のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは絶対死守しようと考えているようだ。11日に英紙『エクスプレス』が報じている。

リバプールとの契約期間を2020年6月まで残しているフィルミーノ。2015年にホッフェンハイムからリバプールに加入して以降、攻撃陣の一角として活躍し、今季は公式戦30試合出場で16得点8アシストを記録している。

同紙によると、リバプールはフィルミーノに対して長期の契約延長オファーを提示する予定とのこと。契約期間の詳細については不明だが、クラブ側は同選手をキャリア終了時まで保持したいと考えているようだ。7年間や8年間といった超長期契約になるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
「裏切り者!」「守銭奴!」...サポーターの憎しみ生んだ“禁断の移籍”
DFBポカールの日程発表...日本人所属クラブ対決は2月7日に開催
暴行レフェリー 許しを乞う
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加