「スター・ウォーズ」最終章に新脚本家が参加

「スター・ウォーズ」最終章に新脚本家が参加

  • 映画.com
  • 更新日:2017/08/11
No image

新たに参入するジャック・ソーン Photo by David M. Benett/ Dave Benett/Getty Images

2019年公開予定の「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」に新たな脚本家が参加したと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

同作は、「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレボロウ監督がメガホンをとり、トレボロウ監督と、執筆パートナーのデレク・コノリーが共同で脚本を担当。しかし、同作を製作するルーカスフィルムはこのほど、新たにイギリスのテレビクリエイター、ジャック・ソーンに脚本のリライトを依頼。トレボロウ監督とコノリーの脚本をどの程度手直しする必要があるのかは不明だが、これまでに作品に関与していない人物による新たな視点からのアプローチが期待されているという。

ソーンは、英BBCのドラマ「FADES フェーズ」(11)の企画・脚本を手がけたほか、イギリスのテレビ界でクリエイター、プロデューサーとして活動。映画では、「幸せになるための5秒間」(14・日本劇場未公開)や、ジュリア・ロバーツと天才子役ジェイコブ・トレンブレイ(「ルーム」)が共演する新作「Wonder(原題)」の脚本をも手がけてた。

なお、今年12月に公開の「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が「エピソード9」のあらすじを執筆したという報道もあるが、本人はこれを否定している。

「スター・ウォーズ エピソード9」は2019年5月24日に全米公開予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岩田剛典「今年の夏はHiGH&LOW旋風を!」映画『HiGH&LOW THE MOVIE2』初日舞台挨拶
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
8月21日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
大泉洋、初主演“小説”! 塩田武士待望の新刊『騙し絵の牙』8/31発売決定!【本日より予約開始】
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加