「地始凍」凍ったものの不思議な魅力

「地始凍」凍ったものの不思議な魅力

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/11/12

2017/11/12 09:03 ウェザーニュース

12日からは「地始凍(ちはじめてこおる)」。この時期は、寒さで大地が凍り始める頃とされています。
そこで今回は、ウェザーニュース会員の方から届いた“凍ったものコレクション”をご紹介!

普段とは一味違った楽しみ方を

No image

北海道釧路市

普段は虹色に光を反射させながら、フワリと浮いているシャボン玉。しかし凍った姿はまるで別物。繊細なガラス細工のようです。

通常のシャボン玉液で作ったシャボン玉は、マイナス15℃程で凍り始めます。凍ったシャボン玉の中には徐々に氷の結晶が…!当日の気温や湿度・風速により、中にできる氷の結晶の形や凍り方は変わり、非常に幻想的な世界を演出します。

めったにお目にかかれない!

No image

長野県岡谷市

皆さんは雨氷(うひょう)というものを知っていますか?
過冷却状態の雨が、木や地面などの物体に付着して凍結すると、その物体は透明な氷で覆われます。これが雨氷です。

日差しに照らされ、キラキラと光る姿が目をひきますが、実はなかなか見ることができません。発生地域としては中部以東。最も記録が多いのは長野県とされています。

自然が作り出す氷のアート

No image

ライトアップされた三十槌の氷柱

埼玉県秩父市にある三十槌の氷柱(みそつちのつらら)は、知る人ぞ知る埼玉県の冬の観光名所。

岩の間から湧き出る冷たく澄んだ水が、天然の氷柱を少しずつ形成していきます。時間をかけて作られた大自然の氷のアートは、なんとも言えぬ美しさです。

夜になるとライトアップもされますので、昼間とはまた違った表情を楽しむことができますよ。

凍ったものを探してみよう!

いかがでしたか?寒い季節だからこそ見ることが出来る景色や現象は不思議な魅力を感じますね。

これからの季節は昼間の気温もあまり上がらず、冷え込みが厳しくなってきます。
そんな時はぜひ、凍ったものコレクションを探して楽しんでみてください。

参考資料など

【参照・参考元】
長野県公式ホームページ「林業総合センター ミニ技術情報-雨氷-」https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyosogo/joho/minigijutsu/documents/mini43.pdf
萌木の村「凍るシャボン玉」http://www.moeginomura.co.jp/SHIRAKABA/bubble.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
目を逸らすな。「とんねるず」問題の裏で自殺を考えた人のいる現実
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
患者を餌食にする悪質なトンデモ・メンタルクリニックの見分け方
争奪戦確実! スタバの非売品トレー、ゲットする方法は?
【なんだか分かる!?】ディズニーランドの従業員が「来場者に対して絶対にやってはダメなこと」が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加