最新ランキングをチェックしよう
ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/12

ゲノム編集技術のCRISPR/Cas9は、遺伝性疾患の安全な治療の実現が期待されています。しかし、カロリンスカ研究所のバーンハード・シュミアー氏らの研究チームによると、CRISPR/Cas9を使ったゲノム編集にはガンの発症リスクを高めてしまう可能性があるとのことです。
CRISPR–Cas9 genome editing induces a p53-mediated DNA damage resp

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
エッチな単語に見えてしまう言葉ランキング
有村藍里 整形後初TVで家族の“後押し”語る
後藤真希、夫のDVは本当だった? 「不倫相手とのLINEの内容」に騒然
ジャニーズ、退所者に「異例中の異例」対応――現役Jr.との“共演”にファン激震
「子どもにおもちゃのレジを買ったら...裏側を見て驚いた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加