最新ランキングをチェックしよう
ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/12

ゲノム編集技術のCRISPR/Cas9は、遺伝性疾患の安全な治療の実現が期待されています。しかし、カロリンスカ研究所のバーンハード・シュミアー氏らの研究チームによると、CRISPR/Cas9を使ったゲノム編集にはガンの発症リスクを高めてしまう可能性があるとのことです。
CRISPR–Cas9 genome editing induces a p53-mediated DNA damage resp

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇宙で観測できない95%の正体は「暗黒流体」であるという新理論が発表される(英研究)
学士院新会員に9人=ノーベル賞の大隅氏ら
グリーンランドの氷河の下に未知の巨大なクレーターが発見される
12月12日 マルコーニが大西洋横断無線通信に成功(1901年)
「朝食を抜くと太る」仕組みがわかった!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加