最新ランキングをチェックしよう
ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」による治療はガンのリスクを高める可能性があると研究者が指摘

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/12

ゲノム編集技術のCRISPR/Cas9は、遺伝性疾患の安全な治療の実現が期待されています。しかし、カロリンスカ研究所のバーンハード・シュミアー氏らの研究チームによると、CRISPR/Cas9を使ったゲノム編集にはガンの発症リスクを高めてしまう可能性があるとのことです。
CRISPR–Cas9 genome editing induces a p53-mediated DNA damage resp

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5億5800万年前の化石、脂質で「最古の動物」と判明 研究
【衝撃】植物も“痛み”を感じている可能性が浮上!  植物を殺して食べる行為は残酷か...最新研究から考察!
百年に一度の発明...ゲノム編集技術「クリスパー特許」の気になる行方
DNAを改変し、カエルの突然変異体を自宅で作れるDIYキットが販売されている件(アメリカ)
ESA、火星への往復で暴露する宇宙線量を生涯限界の6割と報告。従来予測より軽減
  • このエントリーをはてなブックマークに追加