【今月の自作PCレシピ】ド派手に光るPCケース「570X RGB」で組むゲーミングPC!

【今月の自作PCレシピ】ド派手に光るPCケース「570X RGB」で組むゲーミングPC!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/08/13

動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

No image

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

4面強化ガラス&LEDファンがカッコいい CORSAIR製PCケース「570X RGB」で自作に挑戦!

4面強化ガラスと3基のRGB LEDファンをフロントに採用し、魅せるPCケースとしてひと目惚れする人が続出しているCORSAIR「570X RGB」。内部やフレームがレッド、ホワイトカラーになったカラバリも登場し、人気に拍車がかかっている。

No image

ブラックのほか、レッドとホワイトのカラバリが登場したCORSAIR「570X RGB」

魅せるPCケースの定番の1台と言える「570X RGB」だが、4面すべてから内部が見えるとあって、ひと目でカッコいいと思える外観にするには、搭載パーツのチョイスから、ストレージの搭載場所、ケーブルの取り回し、ケーブルのまとめといった組み立て行程までを、しっかり考える必要がある。

この点を自分で考えるのも非常に楽しいのではあるが、一から行なうのはなかなか大変。そこで、注目なのがCORSAIR「570X RGB」を使ったPC一式構成の提案や組み立て代行依頼を数多くこなしており、スタッフが組んだ「570X RGB」のデモ機もあるTSUKUMO eX.だ。

「570X RGB」での自作と言えば、TSUKUMO eX.と言っても過言ではなく、PCの構成相談から超奇麗な組み立てまで、安心してお願いできる。

No image
No image

地下1階から6階までPCづくしのTSUKUMO eX.。PC自作パーツの一式購入時は、1階または6階に設置されている見積書をゲットしてから、各階を回っていこう

No image

同店5階では、標準装備のフロント3基を含め、計6基を高輝度LED装備の「HD120 RGB」へ換装した「570X RGB」PCをデモ中。「570X RGB」のカッコいい完成形が、見たい人は5階に足を運んでみよう

今回は、「570X RGB」の組み立て豊富なTSUKUMO eX. 6階スタッフ石井さんに、【「570X RGB」で組むハイスペックな魅せるゲーミングPC】の構成を提案していただくともに、パーツ選定や組む時のポイントを聞いてみた。

No image

パーツも組み立て方にもこだわりいっぱいのTSUKUMO eX.6階スタッフの石井氏。「570X RGB」を使用した構成の見積もりや組み立て代行の実績が豊富だ

なお、ブラックモデル(型番:CC-9011098-WW)のみだが、価格は2万2000円前後にまで値下がり。付属しているCORSAIR RGB LEDファン「SP120 RGB」の3基パックが9000円前後なので、PCケースの価格は1万3000円前後と、お買い得感抜群になっている。

No image
No image

フロントとサイドのフレームや強化ガラスの固定ネジがレッドカラーになっている「570X RGB RED」(型番:CC-9011111-WW)。フロントボトムや電源ユニットを覆うボトムカバー部のCORSAIRロゴの発光色もレッドになっている。価格は3万円前後

No image
No image

内部を含めホワイトカラーになっている「570X RGB WHITE」(型番:CC-9011110-WW)。価格はレッドモデルと同じ、3万円前後だ

No image

「570X RGB」の魅力のひとつが、フロントトップに備わっているLEDコントロールボタン。発光色やパターンを手軽に変更できるのがグッド

「570X RGB」で組むハイスペックな 魅せるゲーミングPC構成はコレ!

No image

石井氏がチョイスしたパーツ一式。ド派手に光って、最新、話題のタイトルを快適に遊べる魅せるゲーミングPCが完成だ

※価格は8月6日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

とにかく見た目重視で! スペック面にもスキはない

定格クロックが4.2GHzで、ハイエンドGPUの「GeForce GTX 1080」搭載ビデオカードでも、ボトルネックにならないLGA1151 CPU最上位の「Core i7-7700K」を採用する【「570X RGB」で組むハイスペック魅せるゲーミングPC】。

爆速なNVMe M.2 SSDのSAMSUNG「960 EVO 500GB(MZ-V6E500B/IT)」、8GB×2枚の16GBメモリー、4.2GHzの高クロック動作を長時間行なっても安心な240mmラジエーターを採用するCORSAIR製オールインワン水冷キット、80PLUS PLATINUM認証を取得し、安定性と信頼性に定評のあるSeasonic製電源ユニットなど、スペック面にもスキは見当たらない構成になっている。

No image

コスパ抜群で注目を集めているメニイコアCPUのRyzen 7などもあるが、PC自作のド鉄板CPUと言えば「Core i7-7700K」でキマリだ

No image
No image

240mmラジエーターを採用するオールインワン水冷キットのCORSAIR「H100i V2」。チューブ外装がカッコいい布巻になっており、ウォーターブロック部のCORSAIRロゴにはRGB LEDを装備。温度に応じてLED発光色を変えることもできる

高い冷却性能だけでなく、見た目からも選んだというオールインワン水冷キットなど、魅せるPCケースの「570X RGB」にあわせてチョイスしたパーツがいっぱい。

高い安定性と信頼性に加え、ASUS独自のLEDイルミネーション連動機能「AURA SYNC」を備える「ROG STRIX Z270F GAMING」に、3連ファン搭載の大型オリジナルクーラーやバックプレート、LEDイルミネーション機能を備えるGeForce GTX 1080搭載の「ROG STRIX-GTX1080-O8G-11GBPS」。

オールインワン水冷のポンプとファンの回転数制御とともに、メモリートップに装備するRGB LEDバーの発光色などをシステム総合ソフトウェア「Corsair Link」から制御できるDDR4-3000動作対応の「Vengeance RGB」を選択。リアの排気用に追加したLEDファン「SP120 RGB」を含め、PC内部の彩りも見た目のカッコよさもバッチリと言えるだろう。

No image
No image

Z270チップセットを採用するASUS「ROG STRIX Z270F GAMING」。2基のM.2 SSDスロット(1基はPCIe3.0×4接続専用)やゲーム向けオーディオ回路などを備える定番LGA1151マザーボードのひとつだ

No image

IOパネルカバー部にLEDを搭載。さまざまな発光パターンで彩ることが可能になっている。LEDストリップなどを接続できる4ピンコネクターも装備している

No image
No image

メモリー上部にRGB LEDバーを装備するCORSAIR製DDR4メモリーの「Vengeance RGB」シリーズ。 8GB×2枚セットで最大DDR4-3000MHz動作が可能になっている

No image
No image

メモリークロック11GHz版のGeForce GTX 1080を搭載するASUS「ROG STRIX-GTX1080-O8G-11GBPS」。3連ファンでゲーミング中も強力にGPUを冷却できる。なお、PCケース下部に向いてしまうファン側だけでなく、バックプレート側にもLEDを装備

No image

ツクモではASUS「ROG STRIX-GTX1080-O8G-11GBPS」とともに、GTX 1070搭載の「ROG STRIX-GTX1070-O8G-GAMING」もお買い得になっているので注目。GTX 1070に変更すると価格は、1万円近くダウンする

No image

リア排気用に「SP120 RGB」を追加。「570X RGB」標準装備のファン用LEDハブに接続することで、フロントの3基とともにLEDコントロールが可能になっている。あと2基追加可能なので、ラジエーターファンを「SP120 RGB」に変更するのもありだ

さらに彩りを拡張したくなったら、おすすめというアイテムがコレ。LEDストリップが4本付属し、Corsair LinkからのLEDコントロールが可能になるCORSAIR「Lighting Node PRO」(型番:CL-9011109-WW)と、AURA SYNCに対応する長さ約50cmのRGB LEDストリップのAkasa「Vegas MB(AK-LD05-50RB)」だ。

ともにLEDストリップのテープがブラックカラーになっているのがポイント。発光が映えるようになっている。 なお、両製品ともLEDストリップには磁石を内蔵。「570X RGB」はスチールシャーシなので、設置場所をいろいろ試すことができる。

No image

「Lighting Node PRO」と「570X RGB」が備えるファン用LEDハブを接続することで、Corsair LinkからのLEDコントロールが可能になる

No image

価格は8000円前後で、長さ約41cmで10個のRGB LEDを備えるLEDストリップが4本付属している。なお、コントロールユニットへの電源供給がSATAコネクターなのもポイント。見た目がいまひとつのペリフェラル4ピンを使わないで済むのは、魅せるPCでは大事な要素だ

No image

ホワイトが多いLEDストリップだが、「Lighting Node PRO」はブラックベースを採用。内部ブラックなPCケースには、こちらがグッドだ

No image

約50cmのRGB LEDストリップのAkasa「Vegas MB(AK-LD05-50RB)」。価格は1800円前後で、ASUS「AURA SYNC」など各社のLEDイルミネーション連携機能に対応している

魅せるPC自作は光モノ以外の パーツ選定も非常に大事!

当然だが、石井氏のこだわりは光モノだけではない。「570X RGB」に限らないが、キレイ&カッコよいPCを組み上げるには、パーツの選定時にケーブルをいかに減らすか考えるのも大事なポイントという。

「570X RGB」を含め、RGB LEDファンはケーブルがLEDコントロールと電源の2本になり、キレイに配線するのは意外ときついとのことで、ゴチャゴチャしないように極力ケーブルは減らしたと熱く語っていた。

ケーブルを減らす第一歩が、2.5インチSSDとは異なりケーブルレスなM.2 SSDだ。パフォーマンス面は爆速なNVMe M.2 SSDが断然おすすめだが、2.5インチモデルと同価格帯になっているコスパグッドなSATA M.2 SSDも狙い目。

No image
No image

各社から登場し、選択肢は増えたNVMe M.2 SSDだが、石井氏のイチオシはパフォーマンスと価格のバランスがベストなSAMSUNG「960 EVO」シリーズ

予算的に、構成に含めたSAMSUNG「960 EVO 500GB(MZ-V6E500B/IT)」(実売価格 3万2000円前後)が厳しい人は、500GBクラスで1万8000円前後となっているCrucial「MX300」シリーズのM.2モデル「CT525MX300SSD4/JP」やWestern Digital「WD Blue」シリーズの「WDS500G1B0B」もありだ。

また、「ROG STRIX Z270F GAMING」も含め、最新マザーボードの多くが、2基のM.2スロットを備えているので、システムに高速なNVMe M.2 SSD、データ用にSATA M.2 SSDというデュアルSSDストレージも可能になっている。

No image

2.5インチSSDの定番となるCrucial「MX300」やWestern Digital製SSDの「WD Blue」、「WD Green」シリーズのM.2タイプが販売中だ

理想はM.2 SSDだが、動画や写真をたっぷり保存できるTBクラスのHDDも当然ながら欲しくなる。「570X RGB」には2基の3.5インチベイが備わっているので、問題ないわけだが、SATAケーブルや電源ケーブルの配線を考えると、上段の3.5インチベイに搭載するのは避けたいとのことだ。

No image

「570X RGB」は、3.5インチと2.5インチベイを各2基装備している。石井氏いわく、上段の3.5インチベイを使うと、ケーブルのゴチャつき感がどうしても強くなってしまうとのこと

No image

裏面のケーブル配線を減らして奇麗に見せるなら、使用しないのが◎だ。ただ、裏面ストレージを搭載して、ギッチリ詰まっている感を出すのも、ひとつの見せ方ではある

No image
No image

「570X RGB」でHDDや2.5インチSSDを搭載する際に、おすすめのアイテムがコレ。いずれもアイネックスの製品で、コネクター形状がストレートできしめんケーブルを採用するSATA電源ケーブルの「S2-1501FSAB」と、曲げる向きを選ばないラウンドタイプのSATAケーブの「SATR-3003BK」(30cm)と「SATR-3005BK」(50cm)

意外と大事な電源ユニット選び ケーブル構成の確認がポイント

電源ユニットの選定も魅せるPCを組むうえで、非常に大事と語った石井氏。信頼性や配線を考えた上でチョイスしたフルプラグインタイプのSeasonic「Xseries XP2S 760W」(型番: SS-760XP2S)には関係ないのだが、セミプラグインタイプの電源ユニットは搭載するビデオカードによって、PCI Express補助電源ケーブルの構成を確認してほしいという。

石井氏、独自のこだわり点でもあるのだが、同氏は8ピン+6/8ピン仕様の補助電源の場合、安定した電力供給を考慮して各々別系統のケーブルを使用。そのため、1系統は直出し、もう1系統はプラグインケーブルということも起こりうる。

別段問題ないように感じるが、実は直出しは昔ながらの赤、黄、黒ケーブル+メッシュ仕様のケーブルだが、プラグイン側はきしめんタイプのケーブルといったことも。

24ピンATXとEPS/ATX12V 8ピンがメッシュ仕様で、そのほかがきしめんタイプになっているのは珍しくないが、同じPCI Express補助電源ケーブルで混在する場合は、その使用位置も関係して見た目が結構悪くなるとのことだ。

GTX 1060などのPCI Express補助電源が6/8ピンコネクター1基の場合、直出し補助電源ケーブルが1系統の製品で問題ないが、補助電源ケーブルが2系統直出しで備わっていると1系統を奇麗にまとめて隠す必要がある。

電源ユニットを覆うボトムカバーを装備するPCケースなら、問題ないがちょっと前のモデルは備えていないことが多い。

どこまで見た目にこだわるかだが、ビデオカードの仕様と電源ユニットの補助電源ケーブルの構成を、チェックしながら電源ユニットを選定するのもありだろう。

No image
No image

容量760Wで、80PLUS PLATINUM認証を取得する Seasonicの「Xseries XP2S 760W」(型番: SS-760XP2S)。石井氏の押しポイントは高い信頼性、安定性に加えて、常にファンが回転し、電源ユニットの熱排気する冷却重視モードを備えている点とのこと

OSを含めずに25万円オーバーと高価だが、高画質でのゲーミングやホームユースでの写真や動画の編集作業などを快適に行なえ、LEDイルミネーションでフロントも内部も彩ってくれる本構成は、長~く使い続けられるだろう。

ケーブルの取り回しとまとめにこだわって ショップスタッフに迫る完成度に挑戦

魅せるPCケースで重要なケーブルの取り回しとまとめ。「570X RGB」の裏面には、ケーブル隠しカバーが備わっているので、あまりこだわらなくとも、見た目奇麗に組めるとのことだが、タイミングよく、「570X RGB」での組み立て代行(後述)を石井氏が行なっていたので、職人技的なケーブルの取り回しとまとめを見させてもらった。

No image

組み立て代行を依頼された「570X RGB」。ビデオカードは搭載前だが、配線はほぼ完了している状態だ。なお、マザーボードやオールインワン水冷キット、電源ユニットは今回構成と同じになっている

まず、石井氏&同店スタッフの前提として、デフォルトで固定、まとめられているケーブルは、一度すべて外して、組み立てながらやり直すとのこと。

取り回しに正解はないので、どうしても試行錯誤が必要で、ケーブルタイは1台あたり20~30本程度を使用するとのことだ。ちなみに組み立て担当である石井氏は、1年間に5000本近くのケーブルタイを消費しているという。

No image
No image

数十本使用するケーブルタイ。PCケースに付属していることもあるが、別途購入しよう。なお、石井氏の愛用品は幅2.5mm×長さ100mm程度のケーブルタイだった

そんなケーブルの取り回しやまとめ。石井氏はこう語る。「きしめんタイプは、交差しないように折り重ねてまとめると、見た目がよいので、必ずそうします」

「あと、同じ位置に配線するケーブルでも、ATX 24ピンとSATAケーブルなど、系統の異なるケーブルは、一緒にしませんね。これは魅せるPCケースに限らず、パーツ換装やメンテナンスする際に効いてきます」

「今回の『570X RGB』では、ケーブルカバーにATX 24ピンやケースフロントの各種スイッチケーブルなどを納めることになるので、一緒くたにケーブルタイでまとめたくなりますが、おすすめしません」

No image

石井氏の組み立て時の必須グッズのひとつとなる小物入れケース。使用するネジを種類ごとに出しておいて、組み立てをスムーズに。組み立て後のネジ保管もバッチリなので、100円ショップなどで探してみよう

No image

まだ途中だが、すでに多くのケーブルがケーブルタイで、細かくまとめられている

No image
No image

カバーで隠される部分に各種ケーブルを持っていき、まとめていくが「570X RGB」のケーブル取り回しの基本。ケーブルが合流する際など、ケーブルタイで細かく締めてあるのがわかる

No image

各種ケーブルの取り回し作業は、カバーをまめに取り付けて完成形を想定しよう

No image

ケーブルが集中し、丸見え状態になるファンLEDハブ。余ったケーブルは折り重ねてまとめて、2.5インチドライブベイとの隙間に納めるなど、取り回しとまとめにトコトンこだわりたい

No image

フロントファンのケーブルは、3.5インチドライベイ部にあるケーブルホールから裏面に持ってきていた

No image
No image

ラジエーターファンのケーブル。コネクターを巻き込む感じに折り重ねてまとめている。まとめたケーブルはケーストップの隙間に隠すのがいいだろう

No image
No image

PCケースフロントスイッチやオーディオケーブルの取り回し。新たに設けられたボトムカバーのケーブルホールをさっそく活用。ここも細かくケーブルタイで固定。見た目グッドに

No image

余りやすいケースファンのケーブル。好みがわかれるところだが、普通にまとめるのではなく、ファンフレームの周囲に巻いてまとめる手法もある

なお、今回使用した「570X RGB」から、ボトムカバーの上部にケーブルホールが新たに備わるなど、若干内部の仕様が変更されているとのことだ。マイナーバージョンアップの位置づけか、CORSAIRでは告知していないが、カラバリの発売とともに仕様変更されたようだ。

No image
No image

ツクモではOSインストールやストレステストを含めたPC組み立て代行を受け付けている。混雑必至の時期だが、「簡易組立代行」なら7000円前後になっている

試行錯誤も非常に楽しいケーブル取り回しとまとめ。ケーブルタイと時間は消費されるが、時間に余裕のある夏休みに、たっぷりケーブルタイを用意して、満足ゆく見た目に自身の手で仕上げれば、完成時にいっそう愛着が湧き上がること受け合い。そして誰かに見せた際には、思いっきりドヤ顔できる!?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国内携帯メーカー没落 キャリア頼み通用せず
スマートフォンからPCへウェブページを瞬時に送る方法
『Y2K』のメーカーがまたやった!ガスタービンエンジン搭載バイクの新モデル『MTT 420RR』登場
YouTubeが顔のぼかし機能を強化!指定する人物をクリックするだけでずっとぼかし状態に
ドイツのオーバークロッカーが開発したCPU殻割り器が日本上陸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加