朴大統領が出身地の火災現場を電撃訪問 批判の声も

朴大統領が出身地の火災現場を電撃訪問 批判の声も

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

国会で窮地の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、出身地の火災現場を電撃訪問しました。

韓国の朴大統領は1日午後1時半ごろ、先月30日、大規模な火災があった地元の大邱(テグ)市にある市場を訪れました。一部の支持者からは拍手が起きましたが、厳しい批判の声も上がりました。
被災しに遭った男性:「来てくれたなら、何で苦しんでいるのか、大統領としてどう助けてくれるのか、一言話して帰るべきだ」
朴大統領の外出する公務は35日ぶりで、現場の視察は10分ほどでした。火災では679店舗が焼け、消防隊員2人がけがをしました。また、亀尾(クミ)市にある朴大統領の父の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が生まれた住宅が放火され、48歳の男が逮捕されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
国立公園指定も意味なし やんばる国立公園が切り裂かれていく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加