優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!

優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/11/15

明徳義塾・谷合 悠斗

No image

明徳義塾・谷合 悠斗

「優勝は素直に嬉しいです。しかし、まだ実感はありません。不調で苦しい時期を過ごしました。しんどい思いもしました。しかし今日は4番に置いてもらったので期待に応えたいと思っていました。昨日のホームランを意識せずに、塁に出ること逆方向に打つことを意識しました。4番として結果を出せたことが良かったです。不調の時は、自分はレベルが低いと思い込んで、がむしゃらに素直にプレーすることを心掛けていました。歓喜の輪に入らなかったのは、春・夏の甲子園で優勝するという目標からです。選抜までに一人一人のレベルを上げたいです。選抜までに鋭い当たりが打てる・確率の高い打撃ができる・体と相談しながら体も大きくしたいという目標があります。ウイニングボールは馬淵監督へ渡しました」

明徳義塾・安田 陸

No image

明徳義塾・安田 陸

「先制適時打はボール球でしたがうまく拾えました。繋いでくれた谷合さんのためにも打ちたかったです。大阪桐蔭創成館にストレートを打たれていたので、変化球を交えての配球を意識しました。割合はいつもと同じです」

創成館・峯 圭汰

No image

創成館・峯 圭汰

明徳義塾とは練習試合をやっていて、3対10で負けていて強豪校として意識しすぎたところがありました。準決勝で大阪桐蔭に勝てたのはあたってくだけろという精神で行けたと思います。主将として心がけていたことは、自分が一番見られているので、言うだけ言う 何もしない。自分についてこないので、自分から率先してやるようにしています。試合が終わって優勝、準優勝の差は大きいと感じました。でも負けて学んだことがあります。やはり守備が乱れてしまっては勝てないので、もう一度磨き直したいと思います」

創成館・川原 陸

No image

創成館・川原 陸

大阪桐蔭に勝利して、チーム全体に気の緩みがありました。打たれたのはスライダー。抜けて甘く入ってしまいました。(ピンチの場面での登板は)抑えてやろうという気持ちで行きましたが、点を奪われてしまいました。悔しいです。最終回は野手陣に託す思いで、三者三振を狙うぐらいのつもりでマウンドに上がりました。選抜では優勝を狙います。オフシーズンにはコントロールを磨いて、三振が取れる投手になれるように練習したいです」

創成館・平松 大輝

No image

創成館・平松 大輝

「今日の投手陣は投げ急いでいるように感じました。そのため、投手に声をかけ続けコミュニケーションを欠かさなかったです。練習の時からコミュニケーションをとるように意識して、練習からダメならダメという風に厳しく接しています。2年生だけで20人ほどの投手がいますが、監督から『バッテリーがしっかりしたら勝てる』と言われたので打撃の時間を削ってでも投手を考えています。」

(取材・構成:河嶋 宗一

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾、2連敗で予選敗退 侍投手陣に15三振、陽岱鋼「際どいところに来ていた」
【1位通過一問一答】稲葉監督、決勝へ「韓国も燃えてくると思います。それ以上に気持ちを込めてやっていく」
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
阪神才木に金本監督も白旗「あのインハイは無理」
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加