スーパータイガーが13代王者!船木誠勝を撃破

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15

<プロレス:リアルジャパンプロレス レジェンド選手権・60分一本勝負>◇14日◇東京・後楽園ホール

スーパータイガー(リアルジャパン)が、第12代王者の船木誠勝(48=フリー)を9分24秒、タイガースープレックスで破り、13代王者に輝いた。

前半から船木が巧みなグランドで主導権を握ったが、一瞬が試合を分けた。試合の中盤、1度は右の蹴りを放とうとしたスーパータイガーが、切り返して放った左の蹴りが、船木の右こめかみ付近を直撃した。

スーパータイガー 止められると思って一瞬(切り返した)あそこがポイントだったと思うんですよ。普通に右にいったら、やられていた。(船木は)起き上げる時に硬直していたので相当、入ったなと。

船木 フェイントの蹴りは、全く気付かなかった。こっち(右の蹴り)だとばかり思っていましたから、こっち(左の蹴り)にくるとは思わなかった。ビックリした。プロレスに対する本気を感じました。すごくうまくなった。

スーパータイガーは、ロープ際で船木がハイブリッドブラスターにいこうとしたところを背後にかわし、逆に投げっぱなしジャーマンでマットにたたきつけた。そして、チキンウイングからのタイガースープレックスで船木をマットに沈めた。船木はしばらく、立ち上がれないほどのダメージを受けていた。

2人の対戦は、15年9月18日にスーパー・タイガーの王座に挑戦した船木がハイブリッドブラスターで勝ち、フリー転向後、初のベルトを獲得して以来、2年ぶりだった。

船木は蹴り、ジャーマン、タイガースープレックスを連続で浴び、ダメージを受けた右頭部に氷を当て、痛みに顔をゆがめた。「緊張していました…2年ぶりだったんで。今日は自分の組み立てがバラバラだった。言い訳ですけれど、すぐにロープに届くように、場所が悪かった。それは呼吸が乱れているから」と反省した。過去、同王座は15、16年、17年と3度獲得したが、いずれも初防衛に失敗している。「今日は集中力がダメだった。次、もう1回。コンディションを保てるうちは本当に、今回だけは、もう1回…1回は防衛したい。正直、次は負けない。今日の教訓はほとんど思い出せる。狙いますよ…完封されていないので」と再戦を熱望した。

スーパータイガーは「僕も、もう1つ、2つ、3つ、4つ…5つくらい高みにいって、すぐとは言わずとも船木さんとは何回もやっていい。僕も何回でも変わって『もう、いいよ、タイガー』と言われるくらいになる」と船木との“名勝負数え歌”実現を熱望した。【村上幸将】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
那須川天心×武尊のスーパーマッチは実現困難? 専門家が語る「対戦したら7:3で...○○が勝つ!」
コバレフ ウォードの引退を歓迎「選手にタイトル戦の機会が与えられる」
ゴロフキンのドローで混迷続くミドル級。そこに村田諒太の居場所は?
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
アンドレ・ウォード 電撃引退表明!現役最強ボクサーがリング去る「ミッション終了」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加