マクニカと米カタリアヘルス、AI搭載の対話型健康管理ロボットで新サービス

マクニカと米カタリアヘルス、AI搭載の対話型健康管理ロボットで新サービス

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/05
No image

マクニカと米Catalia Health(カタリアヘルス)は12月5日、カタリアヘルスが開発したAI搭載の対話型健康管理ロボット「Mabu(マブ)」を通じて、医療機関、製薬会社、調剤薬局、企業健保組合など、日本のヘルスケア市場に向けた新しいサービスの検討を開始したと発表した。

両社は共同でカタリアヘルスが開発したMabuを、ヘルスケア業界におけるステークホルダーと連携しつつ、日本市場における新しいサービスを積極的に検討し、提供の実現を目指す。

Mabuの利用者はボイス(音声認識)またはタッチスクリーンによりコミュニケーション可能なほか、日々のコミュニケーションにより利用者のデータを取得・蓄積できる。また、コミュニケーションを重ねることで、「治療法」「処方」「進行状況」「個人の好み」などを理解し、患者に合った会話を提供するという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラズパイの見た目を100%オーディオ機器にするアルミケースを発見!
「ジョジョスマホ」約13万円でドコモが12月20日予約開始、1万台限定
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
SONYのサウンドバー、AppleTVに男泣き
Googleに雇われているセキュリティ研究者がiPhoneのiOS11.1.2の脱獄を手助けするツールを提供していた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加