「所有者不明土地」公園や保育園に 国交省が骨子案

「所有者不明土地」公園や保育園に 国交省が骨子案

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/05
No image

持ち主が分からないまま放置されている土地の対策として、国土交通省が土地を公園や保育園などに使えるようにすることなどを盛り込んだ新たな法案の骨子をまとめました。

土地の相続で登記が更新されず、所有者が分からなくなってしまう「所有者不明土地」は面積が去年の時点で、九州に相当する410万ヘクタールに及ぶとみられています。こうした土地は公共事業の実施などで支障が出ているほか、経済損失は年間で1800億円に上ると推計されています。そのため、国交省は市町村や企業などが自治体に申請し、公益性が認められた場合には5年以上の一定期間、所有者が不明の空き地を利用できる法案の骨子をまとめました。公園や直売所のほか、イベント広場、仮設保育園などを想定しています。この骨子は、政府・与党の調整を経て来年の通常国会に提出される見通しです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
犬の散歩中に...女性が中学生の自転車にはねられ死亡
「ふるさと納税」よくある9つの誤解 納税分は年末調整される? 返礼品に税金は?
男性を監禁・暴行・殺害、無理やり糞尿飲ませる
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
神戸製鋼グループのコベルコ教習所で“手抜き講習” 受講者2万3千人が補講や追試へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加