ユーベは2点リードを守り切れず、スパーズが敵地で貴重なドロー

ユーベは2点リードを守り切れず、スパーズが敵地で貴重なドロー

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/14
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦第1戦、ユベントス対トッテナム・ホットスパー。試合を終え、サポーターの歓声に応えるトッテナム・ホットスパーのクリスティアン・エリクセン(2018年2月13日撮影)。

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグは13日、決勝トーナメント1回戦第1戦が行われ、ユベントスとトッテナム・ホットスパーの試合は2-2の引き分けに終わった。

当初はゴンサロ・イグアインの独壇場になるかに見えたが、最終的にはハリー・ケインとクリスティアン・エリクセンのゴールでトッテナムが2点差を追いついた。

試合は過去3シーズンで2回決勝に進んでいるユベントスが、イグアインの連続ゴールで前半9分までに2点を先制。開始わずか73秒で電光石火のゴールを挙げると、PKから2点目を奪取してトッテナムをぼうぜんとさせた。ところがその後は、前半を圧倒的に優勢に進める中で、イグアインがハーフタイム直前の2本目のPKをクロスバーに当てるなど、あと2回あったチャンスを外した。

一方のトッテナムは、前半35分にデレ・アリのパスにケインが抜け出すと、跳び出してきたGKジャンルイジ・ブッフォンもかわして冷静に1点を返した。そして後半25分には、アリが得たファウルから、エリクセンが低い弾道のFKでブッフォンの守るゴールを破り、同点に持ち込んだ。

ケインはこれでチャンピオンズリーグ今季7点目。これはイングランド人選手の1大会のゴール数としては、スティーブン・ジェラード氏に並ぶ最多タイの記録となった。

ケインは本拠地での第2戦に向けて貴重なアウェーゴールを2本奪ったことを喜んだ。イグアインの2得点の直後は一方的な展開を覚悟したのでは、と問われたケインは「そうなる可能性はあった。チャンピオンズリーグのアウェーだからね。気持ちの強さを見せられたよ。素晴らしい内容で、第2戦に向けてアウェーゴールを二つ取れた。最高の結果だ」と話した。

もう1人の得点者であるエリクセンも「ウェンブリー・スタジアムでは、絶対に僕らにもチャンスがある。自信は十分にあるし、試合が楽しみだ」とコメントした。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<平昌五輪>まさか!ショートトラックで中国の男女4選手が相次いで失格、ネットから怒りの声
いちごで当たり!目が離せない「もぐもぐタイム」
長友佑都の同僚が試合中に倒れて一時騒然。しかし、まさかのプレー続行
衣装がはだけたハプニングに「ひどく責任を感じる」、仏ペアのデザイナー
<平昌五輪>フィギュア男子で中国人審判が自国選手に意図的に高得点か、ネットでは「選手に罪はない」の声も―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加